« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

84回審査会

84回審査会


84回を数える審査会を先程本部道場で開催。


今回は昇級昇段を合わせて31名が受験した。


その中で、滋賀支部から遠藤天和ちゃん、村井唯斗君、北川 丈君の3名が昇段に挑戦。


滋賀支部は遠藤支部長の指導方針によるところもあり、小学生の高学年になるとWKFルールに重きを置いている。


内田塾の少年部昇段組手は、通常はフルコンタクトカラテルールのみを希望すれば7人組手。
WKFルールを入れての組手を希望すれば、WKFルール5人、フルコンタクトカラテルール5人と連続で戦う10人組手となる。


そして当然だが、滋賀支部の3名共にWKFとフルコンタクトカラテのミックスルールによる10人組手となった。


結果、3名が涙涙の感動の見事な昇段となった。


応援をしながら、3名を遠藤支部長が初めて本部道場へ連れてきた日や、滋賀支部へ指導に出向いた日を思い出していた。


昇段終了直後、天和ちゃんがお母さんの胸に飛び込んで行った姿や、唯斗君が壁にもたれかかり涙する姿。
昇段審査は毎回が感動の連続。


丈君に限っては、終わった後に暫くしてから塾長室に挨拶に来てくれた時もまだ泣いていた。


それだけ今まで必死で努力したんだね。
丈君なりの達成感。


本当におめでとう。


昇級を受けた道場生達も、いずれは黒帯を取るぞ!という意思を強く持とう。


遠藤支部長、おめでとう。


保護者の皆様も暑い中のご参加をありがとうございました。

| | トラックバック (0)

長崎支部夏季審査会

長崎支部夏季審査会
長崎支部夏季審査会


今回の長崎支部の審査会は、昨年の冬の審査会に続き少年部からまたまた有段者を輩出。


右から加瀬賢太郎君、真鍋恵太君、黒瀬瑛人君、昇段おめでとう!


形に一抹の不安を感じたが、各々の組手は立派だった。
3名共に負けなし。
1度も倒される事のない内容の昇段。
強くなったなーと感動した。


ご両親、道場の仲間達、日頃から指導して頂いている伊折、岩丸両先生、浦崎先生、杉本先生にも感謝の気持ちを忘れず、これからもまっすぐに成長して下さい。


長崎支部の道場生達や保護者の皆様への想い。


長崎支部へ毎月行くようになり丸13年。
毎回、温かく迎えてくれてありがとうございます。


後の道場生も黒帯目指してこれから、いざ精進。


上半期、お疲れ様でした!

| | トラックバック (0)

緊急のお知らせ


午後5時23分。


高槻市に大雨警報が発令されました。


従いまして本日、本部道場で行います1部の少年部基礎クラスと少年部上級クラスの稽古はお休みと致します。


尚、午後8時10分からの一般部は、今のところ予定どおり稽古を致します。


関係者の皆様のご理解を宜しくお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ