« 充実の昇級昇段 | トップページ | 逝去に際して »

82回審査会総評

本日、82回を数える昇段級審査会を本部道場で終えた。

40名が受験。

保護者の皆さんや審査をする先生、応援に来た皆さんで約100名が狭い道場に集結。

寒いと思い塾長、ファンヒーターとエアコンをガンガンに付けてしまい皆さんが酸欠状態だった事、お詫び
いたします~(笑)


余談だが、滋賀支部の祐征君が高体連で不調だと遠藤支部長から聞いていて今回来てくれていたので、審査会が終わり直ぐに指導していたため、1枚も肝心要の写メを撮ってなかったのが不覚だった。

だが、祐征君が今日の少しの手直しで開眼してくれれば、これ程嬉しい事はない。

さて、本題。

本部道場、支部問わずの昇級のスパーリング時の応援は新しいと感じた。

さながら、昇級審査のスパーリングが昇段の7人、10人組手のような盛り上がりだった(笑)

それだけ、今は道場間の仲が良い関係なんだなぁと感じた。

先週におこなった長崎支部の審査会同様、本部道場にも良い空気が流れていた。

昇級を受けた道場生もみんな頑張っていた。

これからも努力を忘れずに、ひとつひとつ成長していこう。

昇段も感動した。

今回は、滋賀支部から小畑菜央ちゃん、新大阪支部からは田中逸超君が昇段に挑戦。

見事、黒帯となった。

遠藤支部長と中田支部長の教え子さん。

7人10人組手を各々が達成。
内田塾に入会してからこれまでの事を走馬灯のように思い浮かべながら組手を見ていたであろう二人の先生方の嬉しそうな表情を横目に見、黒帯を巻き認定書を渡す瞬間は、こちらも感慨深いものがあった。

おめでとう!

菜央ちゃんと逸超君には、これからも内田塾有段者としての自覚を持ち精進してほしい。

皆さん、お疲れ様でした!

|

« 充実の昇級昇段 | トップページ | 逝去に際して »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573469/66144586

この記事へのトラックバック一覧です: 82回審査会総評:

« 充実の昇級昇段 | トップページ | 逝去に際して »