« 双方の試合に期待 | トップページ | 祝、1,000,000回!そして、感謝 »

感想

感想
感想

昨日、岸和田でフルコンタクトカラテの試合が開催され、姫路ではWKFの試合が開催された。


岸和田での試合には、内田塾新大阪支部の啓斗君が出場し、あとひとつ勝てば入賞まで勝ち上がったそうだ。


この頑張りが持続出来れば、本部道場の上級スパーリングクラスへ上がれるのもそう遠くない。

自らの力で、上級スパーリングクラスという扉をこじ開け上がってこい。
待っているよ、啓斗君。


姫路で開催された誠拳館さん主催のWKFルールの試合へは、内田塾滋賀支部が参加した。


一般部有段の部に祐征君が出場し、順当に決勝まで駒を進めた。
決勝では先にポイントを取られたが、最後には上段蹴りを返し逆転優勝をした。

小学女子3、4年の部では、危なげなく天和ちゃんと菜央ちゃんが決勝まで進み同門対決となった。


自分で攻めていく姿勢を崩さず、相手が入る瞬間をよく見てのカウンターも決まり菜央ちゃんが勝利した。


試合で勝つためには、メンタルな部分が左右する。


優勝した祐征君と菜央ちゃん。


今回の優勝した二人の成果は、稽古量も人一倍積んだのだろうが、WKFルールの間合いと攻撃の際の「入り」が分かってきた勝利。


経験を積み、これからも頑張ってほしい。


勝敗は水もの。


負けてしまった子も次へ繋げるために頑張ろう。


それにしても、滋賀支部の丈君の遠藤支部長に対するビビり方が半端でなかったのが気になる(笑)


なんかあったら、遠藤先生を塾長が叱ったるから言いつけにおいでや(笑)


関係者の皆さん、早朝よりお疲れ様でした。

|

« 双方の試合に期待 | トップページ | 祝、1,000,000回!そして、感謝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573469/65190518

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:

« 双方の試合に期待 | トップページ | 祝、1,000,000回!そして、感謝 »