« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

通院

今日が最後の通院と願い、これから病院へ行って来る。


再三、このブログでも膝の術後経過を掲載しているが、調子良く完治に向かっている。


今日の診断次第でハーフスクワットの数を増やす予定でいる。


傷口は抜糸以降外傷らしいものが消えたが、内側に痛みがありまだ正座が出来ない。


痛みのあるうちは下半身のトレーニング量が制限されるが、極端に筋力を落とす事なく生活出来ているのに安堵している。


禁酒を始めて20日以上経ち、体重にも変化があらわれてきた。


現在、-1Kg落ちて80Kgを常に切るまでになった。


体重が落ちた分、体脂肪は10%を切り9%台で留まっている。


この調子を持続させ、今日もストレッチ&トレーニング!
3クラスの本部指導!

| | トラックバック (0)

史上最多の受験者

来月に本部道場で行う昇段級審査会。


昨日で昇段の方は締め切りをした。


少年部は、過去にない史上最多の9名が黒帯獲得に挑戦する。


武道修行の中で1つの節目となる有段への道。


受験者全員が、内容ある成績で合格する事を祈っている。


昇段審査は、励まし合い助け合って成り立つもの。


今回、昇段級審査を受けない茶帯の皆さん、そして、すでに黒帯を巻いている皆さんも昇段受験者の組手の相手役として是非とも参加して下さい。


ご協力の程、宜しくお願い致します。

| | トラックバック (0)

一般部の活況

少年部の活躍が目立つ昨今。
内田塾本部道場の一般部の活気が戻ってきた。


水曜日の選手クラス。
茶帯黒帯に交じり、カラーベルトも参加し厳しくも楽しく結束を持ち稽古をしている。


唐突する道場生がいない分、誰と当たっても気を抜けない緊張感の中での稽古が良い環境をつくっているのかも知れない。


警察や大学教授、経営者、ビジネスマン等の職業を持つ道場生に交じり、学生も若さに任せて奮闘している。


人が集まる場所には、良い環境が生まれて活況がついてくる。


内田塾一般部もこの調子!


だが、無理は禁物。


明日に繋がる汗をかき、自己を鍛えて楽しい環境の中で稽古に邁進して下さい。


今日は午前から2クラス。


参加される道場生は、集中して頑張りましょう!

| | トラックバック (0)

お知らせ

明々後日29日の月曜日は、5週目になり本来なら稽古は休みになりますが、塾長入院期間として1週間の休みを頂きましたので、本部道場での稽古は通常どおり3部共に行います。


また、来月の昇段級審査会の昇段審査申し込みは、黒帯の発注にともない明日27日(土)を締め切りと致します。


以上、お間違いないようお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

よくよく考えれば・・・

平成元年11月9日。
立ち技の融合を目指して創設した内田塾。


フルコンタクトカラテをベースに立ち上げた団体だが、少年部一般部のフルコンタクトカラテの活躍プラス現在では、WKFでの選手の活躍もフルコンタクトカラテを凌ぐ勢いがある。


少年部では本部道場所属の山本 栞ちゃんの千葉杯2年連続入賞。
一般部では全日本学生大会の個人優勝や和道W杯優勝。
古いところでは、学生世界大会優勝と様々な実績を積んできた。


フルコンタクトカラテでは、毎年のように各大会で優勝者入賞者を輩出している。


WKFオリンピック採用にともない、そのジャンルの一流を目指すために高校へのスポーツ推薦をしての進学も可能な道場になった。


国民の体育の祭典、国体にも都道府県代表として出場している。


そして、TV局が主催するプロの格闘技イベント、巌流島やライジンにも参戦。


よくよく考えれば、こんな多方面に選手を派遣しているカラテの道場って日本を探してもないんじゃないかな?


どこへ向かうか?内田塾。


これからも時代の流れに反応し、歴史を刻んでいこう。


内田塾の結束も新たに、無理なくペースを守りながら。

| | トラックバック (0)

泣かない、負けない、強くなってやる!の意識と共に

この2ケ月余り。


選手クラスに参加している低学年の道場生の意識が高まっている。


参加始めは怖さと痛さで泣いていたが、最近は心構えがつき闘争本能がみえてきた。


その道場生達を引っ張るのが、今の4、5年生となっている。


低学年の道場生は泣かない、負けない、強くなってやる!との意識が芽生え始め、高学年が更なる努力と共に低学年に背中をみせて引っ張る図式。


先週にも言ったが、選手クラスにいる茶帯諸君は、各々の課題をクリアして1日も早くスーパー選手クラスへ上がる努力をする事。


選手クラスの稽古毎に、塾長は厳しい目で選考基準をクリア出来ているか?を見ています。


低学年の道場生は、泣かない、負けない、強くなってやる!の思いを胸に、今日の選手クラスを頑張りましょう。

| | トラックバック (0)

禁酒宣言?!

膝の手術を境に、お酒を飲んでいない。


と言うより、夜にアルコールを欲しいと思わなくなった。


今月8日の入院からなので2週間余りになる。


勝手なものだが夜に指導が終わり帰り際、酔っている人を見ると標準語で、「バカじゃないの?!」と心で言ってしまっている有り様。


少し前まで飲んでいた自分は、完全に棚に上げてしまっている(笑)


かれこれ32年以上、ほぼ毎日のようにしていた飲酒。
人様が飲む2倍の量を飲み干したと言ってもおかしくない。


身体のためにもこのまま継続したい。
塾長、禁酒宣言!?

| | トラックバック (0)

回復の兆し

手術した右膝が術後12日経ち、随分良くなってきた。
治癒力と共に、リハビリの成果がでてきた模様。


昨日も教会から戻り、温水プールに入り関節の稼働範囲をひろげるためのリハビリをした。


関節の曲げ伸ばしが少しづつではあるが出来るまでになってきている。


調子に乗って軽く走ってみたが、それはダメ。
まだ痛みがあった(笑)
神経が元に戻ってないので当然なのですが・・・


今日のリハビリは、バーベルに50Kgのプレートをつけて担ぎ、ハーフスクワットに挑戦してみる。


日々試行錯誤。


大人しくしていては治りが遅い。


やってやれない事はない。

| | トラックバック (0)

逝去者祭

代々クリスチャンである内田家。


これから父の納骨堂がある教会へ行ってくる。


仏教でいうところの祥月命日。
法事にあたる日。


父が他界して今月の23日で19年の歳月が経つ。


肝臓がんを患い、晩年は痩せていた姿が今だに目に浮かぶ。


何とかかんとか、人様に迷惑を掛けずに生きていますと手を合わせ報告をする。


父との一番の思い出。


昭和61年12月。
足の骨折を隠して全日本空手道選手権大会に出場した。


3連覇がかかる大切な試合。


負けても仕方のない状態の息子の勇姿をビデオカメラにおさめるために、大阪ー東京間を夜行バスで来てくれた父。


7回の激闘を勝ち抜き優勝した瞬間、広い日本武道館に沢山の観客の声と共に父の、「よっしゃー!」との気合いとも言える声がこだました。


当時のNHKの放送でもその声がしっかりと残っている。


表彰式が終わり関係者から一通りの祝福をうけていると、一階フロアに父の姿。


関係者以外は立ち入り禁止なのに応援席から降りてきていた。


おまけに、優勝者の父だと自己紹介をして海外のメディアの人に自らのサインをし、記念撮影におさまる姿には痛みを忘れてズッコケタ(笑)


ユーモアがあり厳しさもあり優しさもあった父との思い出。


巡らせ今日は、ゆっくりと納骨堂前で話をして来よう。

| | トラックバック (0)

頑張れ、祐征!

本部道場であった昨日の一般部。


稽古が始まる前に遠藤支部長とご子息の祐征君が、スポーツ推薦で高校に合格した事の報告を兼ねて挨拶に来てくれた。


人様の子供は少し見ないうちに大きく成長している。


祐征君も知らぬ間に、ニキビ面になり身長も伸びていた(笑)


二人は挨拶後に一般部の稽古にも参加。


気持ち良さそうに汗を流していた。


高校空手界。


学生連盟の偉いさん方が、スカウトのために毎回目を光らせて試合を見に来る。


実力だけがものをいう世界。


高校在学期間。
結果を出せる年数は僅か2年余りしかない。


入学と同時に力を出す努力をして、顧問である先生の逢坂イズムの下、是非とも結果を出してほしい。


後に続く内田塾の後輩たちのためにも。


頑張れ、祐征!

| | トラックバック (0)

巌流島

昨年にフジTVがバックアップして発足した格闘技イベント、巌流島。


塾長も発足当時から実行委員会の一員として名前を連ねている。


ネットで発表があった通り、第3回大会が来月3月25日に東京のTDCホールにおいて開催される。


また、主催者側から内田塾に出場オファーがあった。


今回は、体重規約があり70Kgまでの選手を出場させてほしいとの連絡。


現在、推薦できる選手はやはり現役バリバリ、長崎支部の岩丸二段。
もしくは、一線からは退いているが、オーバーホールをすれば今も尚間違いなく中量級ではNO.1の力がある城野師範。


この両名に連絡したが、予定が合わず断念。


白羽の矢は、意外な道場生に。


本日に巌流島事務局に本人のプロフィールを送るが、
OKがでれば面白い。


知ってる人は知っている。
内田塾のおもろいイケメン名物男。

誰だ?!


果たして、出場なるか?

| | トラックバック (0)

おめでとう!

内田塾滋賀支部の遠藤支部長のご子息、祐征君がスポーツ推薦で洛陽総合高校に入学が決まった。


滋賀支部は、全空連にも加盟する準備をしているので、近い将来は滋賀県から国体予選会にも出場できる事になる。


過去に1名、内田塾で稽古をしていた京都外大空手道部所属の女子部員が、滋賀県代表となり国体に出場した経緯がある。


祐征君が代表権を取れば2人目の快挙。


長崎県からはこれも近い将来だが、岩丸二段を国体予選会に出場させるつもりでいる。


全空連の組織で一流として活躍する選手の輩出。


第2第3の内田順久が育つ日も近いかも知れない。


これからが長い。
頑張れ、祐征!
高校合格、おめでとう!

| | トラックバック (0)

これからのシーズンに備えて

一昨日夜の本部道場、1部~3部までの稽古。


1部の少年部基礎クラスは、茶帯黒帯の上級の道場生達と入会希望の体験者や新しく道場生となった子供達も合わせ満員だった。


数名だが、この時期に入会者があるって珍しい。


上級者が前に立ち、新しく入会した道場生を指導する姿はまさに心技体。


日々思い描いている稽古環境がそこにはあり、各々1人1人が一生懸命に稽古に参加してくれた。


基礎クラスに沢山の茶帯黒帯達が交じり、大声を出し後輩たちを引っ張り指導する姿・・・


退院後初の稽古でもあったので、そんな気合いある光景を見て、みんなで退院を祝してくれているのかなぁ、なんて考えていた。


勝手気ままな自己中心的な解釈(笑)


活性化している本部道場は、道場生達にとってかけがえのない空間として栄えている。


これからのシーズンに備え、みんなで力を合わせて厳しい稽古に耐え成長していこう!

| | トラックバック (0)

抜糸と復元

術後、6日目。
昨日の午前中に病院へ行き抜糸を行った。


手術をして下さった医師の説明によると、右膝内側奥の半月板が切れて飛び出しボロボロの状態だったので縫合不可能と判断し、仕方なく切除したとの事だった。


名前を呼ばれ歩いて診察室に入って行くと、一応に驚かれている顔をされている医師を見て笑ってしまった。


半月板の手術個所にもよるそうだが、内側奥を手術し切除した場合は、術後2~3週間は松葉杖歩行が普通らしい。


4週目あたりで普通歩行の練習に入るそうなので、術後僅か6日足らず、松葉杖なしでスタスタと歩いて診察室へ入って行った姿に驚かれたのも当然かもしれない。


常人ではない早すぎる回復力に我ながら感心(笑)


正直、膝にはまだ痛みがあり疼くがそこは我慢。
気合いで乗りきる。


そして、1日も早く正座が出来るようになりたい。


細胞を復元するための努力。


怠りません!

| | トラックバック (0)

本日より始動

これから病院へ行き、術後の経過を診てもらいます。


そして、1週間のわがままな休みを頂きましたが、本日より塾長が直接に指導をしています内田塾の稽古を始めます。


本日、本部道場で行う稽古。


1部・少年部基礎クラス
午後6時~


2部・少年部スーパー選手クラス
午後7時10分~


3部・一般部基本クラス
午後8時10分~


以上、宜しくお願い致します!

| | トラックバック (0)

退院後初のトレーニング

昨日は退院早々だが、休めていた関節や筋肉を伸ばすための長めのストレッチ後、1週間単位で自らに課しているトレーニングを行った。


長崎支部指導後の7日(日)と入院日となる8日(月)に2回を終えていたので、昨日に3回目のトレーニングを行い終了。


ノルマを達成出来た。


入院と手術があり、時間的に身体的に不利であった週。
課したトレーニングは絶対にやりきろう!と念じて行動すれば出来るものである。


今となっては生きていく中で、最も大切な習慣となってしまった自身のウエイトトレーニング。


毎度、身体がパンッ!と張っている感覚でないと気持ちが悪い。


術後の痛さも忘れる程に、日々集中!

| | トラックバック (0)

退院

高槻市内の日本赤十字病院に入院➡手術を終えて、予定より少し遅れましたが無事に退院致しました。


この度の件につきましては、関係者の皆様に本当にご迷惑をおかけしました。


心よりお詫び申し上げます。


来週からは、益々指導に専念致します。


そして、今月と来月の5週目は休まず稽古を行います。


自身の緩んだ身体にも早速ではありますが、喝を入れてトレーニングを再開します。


これからも精進!

| | トラックバック (0)

炎症反応

膝の術後3日目。


昨日は、炎症反応があり熱がでた。
現在少し痛みがあるが、松葉杖なしの歩行を始めている。


まだ抜糸をしてないし腫れもある。
痛みとの勝負。
どこまでの歩行が可能か?今日もギリギリまで攻めてみたい。


家内に、自身に対してもドSすぎると言われている(笑)


来週の月曜日の指導に間に合わせ、退院出来るよう努力あるのみ!

| | トラックバック (0)

最短での回復

昨日の昼頃に身体についていた管が全て取れた。


洗髪をして身体を拭いてリフレッシュも出来た。


膝は、術後すぐなのでまだ腫れている。
リハビリの先生に膝周りのマッサージをしてもらい早速ながら、松葉杖で歩く練習をしている。


先生曰く、最短での回復だと言っていた。


出来れば本日より、松葉杖無しでの歩行にチャレンジしたい。


過去に、怪我や病気の度にお世話になっていた恩人の外科医、故 下村先生から常々言われていた言葉がある。


お前はイノシシ(獣)のような回復力を持っていると(笑)


回復の早さ。
この年齢になっても健在のようだ。


退院までの目標。


松葉杖なしでの歩行➡ハーフスクワット!

| | トラックバック (0)

手術終了

昨日に膝の手術が終わった。
内心、安堵している。


膝の内側の半月板を3分の1切除したそうだ。


医師は、普通だと3ケ月の安静が必要だと言ってたそうだが、塾長もそこのところは分かっている。


大人ですから。


退院後のスクワットは、500回のところを300回に減らすつもりでいる(笑)


これぐらいの腹積もりがあれば、リハビリの歩行練習なんてなんのその。


今はまだ、沢山の管が身体のあちらこちらに付いていて身動きが出来ない状態なので、何をするにも不自由をしている。


今日にでも管が外れたら早速に歩行練習を始めるつもりでいる。


やはり、痛いかな?!(>_<)

| | トラックバック (0)

朝一番から

おはようございます。
昨日の麻酔科の医師の説明が怖すぎる(笑)


背中から傷み止めの管を通すとか・・?!
術中は呼吸が止まるので、人工呼吸器を喉に通すとか・・?!
重病患者でもあるまいし(>_<)


今日は入院2日目。
朝一番の午前9時から手術です。
もう少ししたら手術室まで行き、全身麻酔で眠らされます。


手術衣に着替えて準備万全。
術後は1日絶食らしい。


思いっきり足を上げ指導が出来るよう、今まで使いすぎた膝をオーバーホールさせるべく行ってきます。


治すぞ~!と気合いをいれて、いざ、手術室へ。

| | トラックバック (0)

本日よりご迷惑をおかけ致します

おはようございます。


昨日の武道振興会育成大会。
本部道場から出場した西村心太君が優勝。
高槻北支部の河野通成君が3位入賞。
新大阪支部の田中偲月君は準優勝との連絡を中田先生より頂いた。


よく頑張りました(^^)


負けた子供達もこれから益々稽古に励み、入賞優勝を目標に頑張ろう!


中田先生、保護者の皆様、早朝よりご苦労様でした。


私事だが、本日も昨日に続いて朝の7時から始めてトレーニングを終了。
これから病院へ行って入院手続きをします。


今日は麻酔科で検査。


明日、いよいよ手術です。


膝の手術で全身麻酔なんて大袈裟な気もしないではないですが、担当医の先生の言い付けを守り早く治したいと思っています。


本音と致しましては、明日に手術を終えて明後日に退院。
水曜日には、今週3日目となるトレーニングを始めたいところですが、叱られそうなので言わずに心の中にしまっています(笑)


入院中は時間をもて余していそうなので、塾長ブログは毎日更新します。


本日より数日間、関係者の皆さんにはご迷惑をおかけ致します。


では、行ってまいります。

| | トラックバック (0)

2月の長崎指導

昨日、午前からあった本部道場指導後、神戸空港から長崎へ直行。


2日間の支部の指導。
子供達は元気一杯(^^)
集中してフルコンタクト、WKFの2つのカラテを稽古してくれた。


昨年の12月。
昇段審査を受け初段になった浜口君。


その浜口君が長崎大学の博士号をとり、今春から仕事のため四国へ行く。


あちらで時間に余裕が出来次第、道場を持ち指導したいとの気持ちがある彼に、昨日は指導員試験を受けてもらった。


内田塾の指導員試験は難しいらしい。


過去に1回でパスした者は、27年の歴史で2人しかいない。


博士号を持つ秀才、浜口君はどうか?


本部道場へ持ち帰り採点する。


関西では本日、内田塾の子供達が試合に出場している。


是非とも頑張ってほしい。


塾長はこれから関西へ帰り、入院準備に入る。
そして、ノルマと課しているトレーニングをする。


入院期間道場をクローズしなくてはいけないので、関係者の皆さんにはご迷惑をおかけします。


長崎支部の関係者の皆さん。
手術を終え、来月の長崎支部の指導までに膝は完治してないと思いますが、必ず来ます。


会える時を楽しみにリハビリに励みます。


2日間、お疲れ様でした。

| | トラックバック (0)

清原氏に思う

元プロ野球選手でスターだった清原和博氏が、覚醒剤使用と所持により捕まった。


昭和60年秋。
鳥取国体だったと記憶している。


当時、甲子園をわかせていた清原、桑田のK.Kコンビが大阪府代表選手として国体に出場していた。


塾長はというと、京都産業大学の4年生。
マイナーながら、全日本学生大会を史上初めて3連覇し、最年少で全日本選手権に優勝、アジア、ワールドチャンピオンを奪り破竹の勢いがあった年。


国体には京都府代表として出場していた。


開会式前。


入場行進があるため、メイン会場隣の広場に都道府県別に並ぶ。


突然、女子校生の黄色い声が聞こえこちらに数名走ってきた。


マイナーながらも自分だと思い塾長は、「参ったなぁ」なんて顔をしていたに違いない。


だが、その数名は塾長を通り越して後ろにいた清原、桑田コンビに直行。

サインをもらっていた。


非常に恥ずかしい思いをした記憶がある(笑)


全日本空手道連盟の監督をされ専務理事をされた故 真野先生が言われていた。


選手時代に実績を持った人には、生涯チャンピオンとしての責任がある。


いくつになってもその時代のチャンピオンだったというのを忘れず、常に人から憧れを抱かれる人物であらねばならぬと。


この言葉を胸に刻み今も生きている。


清原氏は罪を犯したが、これからの人生が長い。


罪を償い奮起を祈る思いがある。


偉大な野球界のヒーローだったという事を忘れずに。

| | トラックバック (0)

7日(日)のお知らせ

入院する日が来週に迫り、関係者の皆さんにあれもこれもお知らせしなきゃいけない!との思いが強くなり、本日の塾長ブログもまたまたお知らせです。


聖武会館さんが主催する武道振興会育成大会が、今度の日曜日にベイコム記念総合体育館で開催されます。


塾長は前日から長崎支部の指導があり、会場へは行けません。


代わり、新大阪支部長の中田先生が引率してくれます。


当日は9時集合となってますので、内田塾の大会出場選手の皆さんは、10分前に会場入り口に道衣に着替えてお集まり下さい。


中田先生が試合前のアップをしてくれます。


当日は一生懸命に声を出し、下がる事なく技を繰り出し頑張りましょう!!

| | トラックバック (0)

JAPANGAMEとセミナーのお知らせ

京都市より、JAPANGAME開催のための体育館が押さえられたと連絡があった。


6月26日(日)に開催決定。


今年は、午前の部にフルコンタクトカラテ種目を開催し、午後からはWKF種目を開催する。


昨年は延期してしまったが、今年はJAPANGAMEの開催場所で交流テクニックセミナーを予定している。


準備が前日の25日(土)になるので、その日をつかい午前中に準備を終え、午後から始められたらと思っている。


このテクニックセミナーは、JAPANGAMEに出場下さる全空連系の道場の皆さんとの交流を目的としたもの。


試合前日で何かとバタバタ致しますが、参加される選手の皆さんが身になった!と思われるような内容にしたいと考えている。


これからのシーズン。


他流の大会参加と自流の大会開催。


忙しくなりそう。

| | トラックバック (0)

審査会と塾長賞のお知らせ

まだ案内用紙は配布していませんが、来月の3月27日(日)に77回を数えます関西地区春季昇段級審査会を本部道場において行います。


昇段を受験希望の道場生は黒帯の発注がありますので、今月2月27日(土)までに本部道場事務局にて申込みをして下さい。


また、今年度最後の審査会となりますので審査をはじめる前に、今年度に各種大会で優勝をした道場生へ塾長賞の表彰がおこなわれます。


該当者は事務局より連絡を致しますので、当日は来道下さいますようお願い致します。

| | トラックバック (0)

充実の稽古

1週間の始まり。
月曜日の本部道場3部稽古。


体験者や新しく入った白帯君達を交えての少年部基礎クラスに始まり、精神と体力と技を最高峰までもっていくための厳しい稽古となるスーパー選手クラス。
最後は、一般部基本クラスとなる。


特に1部は毎週満員。


沢山の道場生達で賑わっている。


世間体ではまだまだマイナーな空手道。


だが、礼儀や精神を育て、身体を育てるためには一番優れていると自負する内田塾の空手道。


道場生達に背中をみせるため己にも厳しく、今日もいざトレーニング。

| | トラックバック (0)

感謝の念を忘れずに

ニュースでもよくやっている近隣トラブル。


隣から音がして休めないや声がうるさい等々。


マンションだと造りが鉄筋なので音が響いたり、静かな住宅街もしかり。


内田塾本部道場での稽古。


道場生達の気合いがこだまする毎日。


近隣は、お年寄りの方々が沢山住まれている。


皆さん、一応に内田塾の稽古に対してご理解を頂いている模様。


それでも過去にはクレームがあったり警察が来たりもした。


内田塾が現在の場所に建つ前から住まれている方々より、新しく引っ越されて来た方々が稽古中の声に驚かれたのだと思う。


近隣の方々にも感謝の念を忘れず、今日も気合いを入れて稽古をしよう!

| | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »