« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

昨日のバーでの会話

今日は勇誠館さん主催の試合。
内田塾からも参加している。
良い結果になりますように!
みんな、頑張れ〜!


昨日は指導後に恒例のサウナへまたまた行ってきた。


あがり、バーの指定席で軽く飲んでいると、年輩のメンバーの方々も遅れてバーへ。各々の指定席?についた。


あれっ?この方、車じゃなかったっけ?と思い尋ねた。
ご年輩は真顔で、「車やで。僕の法律は変わらんねんけど、日本の法律が変わってん」と(笑)


塾長(笑)「飲酒運転をすれば今の時代大変ですからね。事故を起こされたり捕まらないよう気を付けて下さいよ」


ご年輩「大丈夫。警察に車を停められたら、朝まで窓をあけないから」


塾長(笑)「あぁ、そんな手もありますか?!」


ばかばかしい会話(笑)


そんな会話を楽しみ心が和みました(^-^)


1杯の美味しいビールと1杯の美味しいワイン。


至福の時を満喫して電車で帰路につきました。


夜は9時30分消灯(笑)

| | トラックバック (0)

お知らせ

今日の本部道場も満員。
沢山の道場生達が朝から気合いを入れて頑張っていた。


明日は勇誠館さんの試合がある。


塾長は所用により会場へは行けない。


代わり、遠藤先生と中田先生が現地で試合前のアップをしてくれます。


参加される内田塾の道場生達は受付後、9時15分に受付近くにいる中田先生の指示に従って下さい。


試合は、最後の1秒まで諦めず全力で頑張りましょう!

| | トラックバック (0)

融合月刊誌

月刊空手道と月刊フルコンタクトカラテが合併した雑誌が、福昌堂から遂に発売された。


極真会館の松井さんと全空連の笹川会長の共同会見や新極真の緑さんの談話。


そして私、内田塾長のフルコンタクトカラテ→WKFのルールメソッドも掲載されていた。


よくもまぁこの中で掲載されたというより、今まで空手界で生き残っていると思う(笑)


我事ながら、潰されずしぶとい(笑)


空手界で何らかの役に立てれば本望。


これからも周りに惑わされず、自分の立ち位置をしっかり決めて歩んでいこう。


月刊空手道と月刊フルコンタクトカラテの合併。


月刊フルコンタクトカラテの創刊前。
思い出せば、30年以上前の月刊空手道はフルコンタクトカラテ特集といえば、極真さんの全日本選手権(三瓶さんや中村さん時代の頃)ぐらいしかなく、全空連系と極真さんが表裏で一緒に掲載されていた。


原点回帰。


今の時代、取材する側も種目が多く大変そう(>_<)


月刊空手道。
読みやすくリニューアルされてました(^-^)

| | トラックバック (0)

背筋がピリッ!

昨日は朝から、毎年JAPANGAMEの名誉会長をお願いしている北川会長宅へ挨拶に行ってきた。


お年をめされても迫力が凄い(笑)


大会パンフレットの会長挨拶掲載文の了解を頂けたあと、タイムスケジュール等も報告。


準備もそろそろ大詰め。


これから忙しくなる。


背筋がピリッ!


会長前で緊張した〜(((^^;)(笑)

| | トラックバック (0)

教養と教育

いつも念頭において塾長が指導している内田塾の理念、教養と教育。


教養とは?
思うに人との接し方。
言葉遣いや相手を想う優しい心。
間違っているものは間違っている。
正しいものは正しいと言える周りに流されない姿勢。
等、全てが教養からなる。


教育とは?
単に言えば学歴。
これはないよりある方が良い。
本心は塾長も大学卒業後、大学院まで行きたかったが家庭や自身の諸事情により断念した過去がある。
内田塾を創ってなかったら、従弟達同様学者になりたかった。


代わり、息子が大学院の博士過程まで進み学者への道を志している。


またその一方で、高い学歴がある者でも教養がない者もいる。


内田塾では、カラテを通して両方を身に付けてほしいと願いながら日々指導をしている。


教養と教育。
子供達がこれから未来に向かい生きていく上で大切な礎となる。


うちの祖父が生前に言っていたそうだ。「身長と学歴と教養は金では買えぬ」と(笑)


幼いうちから志をもち身に付けましょう。教養と教育。

| | トラックバック (0)

お知らせとお願い

内田塾が主催するJAPANGAMEのトーナメントがやっと完成した。


締め切りを過ぎて申込みがあり、「どうしても!お願いします」と頼まれたので、熱意に負けてしまった経緯もあったりで今になってしまった(笑)


毎年の事ながらチャンピオンカップ予選のトーナメントは、武道振興会さんに1度目を通して頂き了解をもらう。


午前のWKFと午後のフルコンタクトカラテを合わせて総勢357名の選手が参加する事になった。


文字通り融合カラテの祭典。


ここで全保護者の皆様にお知らせとお願いがあります。


他のスポーツや武道の大会観戦や応援同様、今大会のJAPANGAMEから一階会場での応援はご遠慮願います。
一階会場端にシートを敷く事もご遠慮下さい。


一階会場は先生方や審判役員、スタッフ、参加される選手の皆様のみとさせて頂きます。


保護者の皆様は、二階席からの観戦応援をして下さい。


スムーズな運営と進行のため、ご協力を宜しくお願い申し上げます。


国際実践融合空手道内田塾
塾 長 内 田 順 久

| | トラックバック (0)

サウナ→祇園

昨日は丸1日の休養日だった。


腰の調子も悪いので京都のいつものホテルのサウナへ行き、サウナ→軟水を7回繰り返した。(腰が悪くなくても休みなら必ず行きますが)(笑)
身体から汗と共に老廃物が出たような感覚。


後、バーへ寄り軽く飲みながらカウンター越しにメンバーの方々と話をする。
世代も違うし仕事も違う。裸同士の付き合いから始まった間柄。


自分の事ながら、サウナのメンバーになり18年の歳月が経つ。
継続は力なり。


このホテルの空間は過ごしやすい。
毎回、「帰ってきた」という気持ちになれる。


お陰でゆっくり過ごせた1日となった。


帰りは祇園に寄り、壱銭洋食を買って阪急電車に乗った。


今日から1週間、また頑張ろう!
JAPANGAMEのトーナメントも最終仕上げだ。

| | トラックバック (0)

休会中の皆様へ

内田塾を休会しておられる道場生の皆様、元気でお過ごしでしょうか?


本部事務局に休会届けを出されてから1年の期間は休会扱いになります。


1年を過ぎ、それ以降ご連絡がない場合は除籍扱いとなっています。


休会を延長される方は、必ず事務局に一報下さるようお願い致します。

| | トラックバック (0)

満員御礼

少年部の6年生達が中学に進学。
一般部の大学生が就職、社会人が転勤等で2月3月は道場生が減る。


そして、4月5月6月で新しい道場生が入会してまた活性化する。


別れがあれば幸せな出会いもある。


白帯を巻いているかわいい道場生達が目立つ土曜日の本部道場。


まだ何も分からず、先輩達の指導を受け眼差しが一応に一生懸命。


この子供達も数年後、成長し心身ともに強くなる。


そんな子供達が集まる本部道場は、未来を背負う器達の宝庫。


これからも内田塾でカラテを通し、教養教育を身に付けてほしい。


今日も本部道場は満員御礼。


切磋琢磨!


各々が仲間意識と目標を持ち、成長していこう!(^-^)

| | トラックバック (0)

師弟の会話

今週の水曜日。


数ヶ月ぶりに野本主席師範が顔をみせた。


一般部の選手クラスの指導中に、一階のトレーニングルームでガチャガチャとマシンやバーベルを挙げる音。


昔の本部道場は一般部に力を入れていたので、トレーニングルームも常に満杯状態だったなぁと思い出していた。


指導が終わり少し話をした。


ブログでは公表できない野本師範の本音。
同じ思いも重なり、ついついこちらも本音で語る。


烏滸がましいが、頼りになる一番弟子。
知らぬ間に塾長に近付いてきた。
んっ?!塾長が野本師範に近付いた?(笑)


どちらでもいい。


一生の友に違いはない。


近いうち、また二人で飯でも行こう。

| | トラックバック (0)

お知らせ

今月末の第5週。

来週になりますが、金曜日の29日と土曜日の30日。


ゴールデンウイークで休みがあったので、4回目の稽古となります。


よって通常どおり、本部支部で行います稽古は一般部少年部共にございます。


関係者の皆様はお間違いないようお願い致します。


これからの季節暑くなってきますが、切磋琢磨!頑張りましょう!

| | トラックバック (0)

おぅっと!

昨日のトレーニング。


腕の強化を量るトレーニングを主にしていた。


腰に違和感を感じた矢先、ジワジワと痛みが・・・(>_<)


久しくなってなかったが、ぎっくり腰の前兆。


トレーニングの前半だったため、腰に巻いている補強ベルトを更に強くしめて何とかその日のノルマをこなした。


痛みと違和感があるが、この年齢になるとトレーニングをさぼるのが怖い。


騙し騙し筋力を落とさないようにしないと・・・


膝もそうだが、腰にも爆弾を背負っているのをすっかり忘れていた。


早く治さなくては(>_<)

| | トラックバック (0)

カラテ一色の昨日

昨日は午前から午後にかけてのトレーニング終了後、昼食は家内に弁当を作って持ってきてもらい、塾長室でJAPANGAMEのトーナメントの作成にかかった。


集中して約4時間。


指導が始まるギリギリまで部門別学年別のトーナメント表を作り、クラスとクラスの合間の時間も活用した。


集中すると納得するまで止めない。
これはカラテで養えたもの。


月曜日の指導は本部で3クラス。


長い(笑)


忙しい曜日ほど集中できる。
それこそ分刻みだった。


トーナメント作成は今日中には完成させる。


これから主催大会へ向けての準備が始まる。


忙しくなりそう!(>_<)

| | トラックバック (0)

政界引退?!

大阪都構想が否決され、大阪市長の橋下さんが政界の引退を表明された。


負けは負けだが本当に僅差。


まだまだやらなければいけない案件はあるのでは?


維新の党。


応援しているのになぁ。


橋下さんについていった政界の方々には、残念ながら現段階では橋下さんのようにカリスマ性を感じとれる政治家はいない。


党の解散なんて事にならないよう、引退なんてしないで踏みとどまってほしい。


まだまだ若いんだし。


もうひと踏ん張り!


頑張って頂きたい。

| | トラックバック (0)

昨日と本日

久しぶりの2日続けての半日休み。


昨日は指導後にサウナへ。
そして、バーでビールとワインを飲んでまったり出来た。


夕食の買い物を済ませて家でものんびり。
こんな時間も悪くない。


就寝は22時。
5時に起床(笑)


本日もサウナへ行く。


夕方からは、聖武会館の葉山会長さんとの会食。
お誘いを受けた。
サウナのあるホテルからシャトルバスに乗り、京都駅から新大阪駅まで向かう。


じゅんちゃん、頼むで〜!!(>_<)

| | トラックバック (0)

内田塾長の新連載?!

どなたかは知らないが、内田順久の空手道の生い立ちをSNSに掲載されている。


その内容がドンピシャ。
全て正しい。


今までは、オタク族による面白半分興味半分の偽りの生い立ちばかりが目についたが、この方は凄い。全て当たっている。


文面には、その方が思われている事柄が示されてましたが塾長の私は、「今、こちらに風が向いてきた」とは感じてませんし、現段階では、「これ以上ない形での成功者」とも感じてない。


今は、「大成するために一歩一歩着実に足跡を遺せるよう進んでいる」と言った方が合っている。


けど、どこで調べられたんだろう?
極真の関係者の方かな?


今月末に発売の月刊空手道と月刊フルコンタクトカラテの合併号に、フルコンタクトカラテ→WKFの記事は載ります。


内容はフルコンタクトカラテの選手が、WKFルールに対応するためのとっかかりになるようなもの。
膝や足首の力の抜き方や技を出すタイミング、間合い等を解説しています。


あれ?雑誌の発売前にこんな事発表していいのかな?(笑)


連載されるかは読者の皆様のご意向次第です。


連載ならこの時期に次にかからないといけないのですが、実はまだ1行も書いてません。
オファーがあればすぐにかかりますが・・・


セミナーはしましょう!


ですが、まだ発起人も決まってません(笑)


進む時は一気に進むのが企画です。


それなりに準備はしています。


正しい掲載、誠にありがとうございました。

| | トラックバック (0)

ネパール国

3年前にネパール支部を開設した。


が、3年前は行きの飛行機の移動中に現地で大きな暴動が起こり、セミナー予定地だったカトマンズでは指導ができなかった。


そんな事情により、道場は開設したが支部長と役員以外は現地の道場生を知らない。


その時は「今度改めて」と帰国した。
あれから忙しく、ネパールへは行けてない。


今回の大地震。


皆さん、無事だっただろうか?


まだ連絡は取れていない。


8,000人〜10,000人の方々が被害に遇われたと聞いている。


ネパール国の被害に遇われた方々の無事を心より御祈り致します。

| | トラックバック (0)

コラムと撮影

先月の26日(日)が雑誌社から頼まれていたコラムの執筆の締切だったため、当日に開催された北道院さんと聖武会館さんの主催大会へ顔をだしダッシュで高槻へ帰った。


夕方までに、フルコンタクトカラテ→WKFルールに対応するためのコラムの執筆を完成させなければならなかった。


コラムを完成させて早速撮影へ入った。
モデルは帰省中のユウタとじゅんちゃんこと、中田支部長を起用。


無事に終えデーターを送った。


今月から月刊空手道と月刊フルコンタクトカラテが合併する。


その記念の号にコラムの執筆を頼まれた。


融合カラテを目指している内田塾が、合併号の融合雑誌に創刊から登場する。


奇妙な巡り合わせ。


フルコンタクトカラテ→WKFに対応したい団体も関西を中心に関東、中国地方各々にまとまりつつある。


この雑誌のコラムをきっかけに、他団体さんとも結束を強めればと感じている。


フルコンタクトカラテ→WKF!少しづつマイペースでやっていきます(^-^)

| | トラックバック (0)

長崎支部の活躍

昨日の台風では皆さん、大丈夫だったでしょうか?
大事をとり、稽古も中止とした。
今朝がたも東北地方で震度5の地震があった。
自然災害とはいえ嫌なものが続いた。


気を取り直し、5月10日(日)に長崎県ジュニア空手道選手権大会が開催された。


塾長は飛行機の時間があったので応援は出来なかったが、岩丸指導員から結果報告があった。


メールを開けた瞬間に「ヤッター!」と思わず声が出た(^-^)


大会前日の稽古。
皆の集中力と気合い。
「この稽古が明日に繋がれ!」との思いが本当に繋がったようで感無量。


本当におめでとう!!
結果に繋がらなかった子供達もこの次は必ず!との気持ちを強くまた頑張ろう。


早朝より集まってくださった保護者のみなさん、そして有段者のみんな、応援をありがとうございました!


結 果


小学6年生女子の部
優勝 平戸あい


小学3年生男子の部
準優勝 香月勇一郎


小学3年生女子の部
準優勝 佐々木優理


小学2年生男子の部
準優勝 真鍋恵太


小学5年生男子の部
第3位 赤田龍紀


小学3年生男子の部
第3位 市丸敢太


小学5年生男子の部
敢闘賞 浦川颯史


小学3年生男子の部
敢闘賞 小田涼平


よく頑張った!!(^-^)

| | トラックバック (0)

緊急のお知らせ

16時現在、注意報が発令されてますが、台風の影響により稽古が終わる時間帯には大雨になるかも知れません。


子供達の道中の事故防止のため、本日高槻市の阿武山で行います稽古は休みとさせて頂きます。


関係者の皆様のご理解ご協力を宜しくお願い申し上げます。


国際実践融合空手道内田塾
塾長 内 田 順 久

| | トラックバック (0)

昨夜の出来事と台風6 号

昨夜は本部道場で3部指導。


クラスとクラスの合間に、北海道から遠島君が来塾。
急にどうした?と聞いたら、僧侶の研修で2週間ほどこちらにいるのだと言う。
塾長がメールをして唯一返事を返さない男、遠島初段(笑)


北海道での現状を聞いていたところへ今度は、長崎支部で一番旧く塾長指導時には現地でお世話になっている保護者の佐々木さんが、ひょっこり来塾。


出張ついでに寄って下さったようだが、お土産を沢山持ってきて頂いた。
事前にご連絡して下されば食事でもご一緒にしたかった(>_<)
また長崎で、佐々木さん。
楽しみにしています(^-^)


3部の一般部。
怪我から復帰。
京都外大の教授の菅野さんが久しぶりに稽古に参加。


稽古後は、これからフルコンタクトカラテ部を宜しくお願いします。と初めて二人で居酒屋へ。


外大時代の懐かしい話もできた。


重なる時は重なるが、嬉しい出来事の重なり。
このような縁は大事にしたい。


今日は夕方頃に台風6号が関西に接近、もしくは上陸する可能性が出てきた。


警報が出れば本日あります阿武山道場での稽古は中止と致します。


そうなれば、「緊急」としてこのブログに稽古中止の旨を掲載します。


保護者の皆様にもご連絡させて頂きます。


仕事や学校へ向かわれた皆さん、帰宅時は足下の滑りや突風に気を付けてお帰り下さい。

| | トラックバック (0)

不審者

先週の土曜日。長崎支部の指導が終わり食事をしていた時間帯。
住んでいる北園町に不審者が出没したらしい。


夜、家の近くに警察が複数で来ていたと報告があった。


先週だが、塾長の家の玄関のインターホンの配線が切られていた。


本部道場に文書を投函してきた犯人の仕業か?とも思ったが、ヤツはそこまでの事はしない。
何故か?それは、よく知る人物だから。


犯人は自身が犯した現場に度々現れるとはよく言ったものだが。
現在もイケシャーシャーとよくもまぁ道場に顔を出せる・・・と事務の者や役員、そして家内と二人で呆れている。


若い頃に家に侵入しようとしていた不審者を見つけた事があった。
そいつを若気の至りでボコボコにした。
親父にとめられてやめたが、顔を殴りすぎて原形を留めず血だるま。
顔の骨が陥没していた。


親父様様。
若気の至りとはいえ全盛期だったので、あのまま続けていたらこちらが犯罪者になっていた。


あれから四半世紀。
温厚になった(笑)


不審者とイケシャーシャーは警察におまかせして、今日からまたチャージ。
トレーニングと指導に頑張りますか!(((^^;)

| | トラックバック (0)

5月の長崎指導

昨日から長崎支部の指導だった。
本日10日(日)が誠勇館さん主催の選手権大会なので、昨日は試合に対する心構えを反復稽古。


みんな集中して頑張ってくれた。
そして、今大会には内田塾長崎支部からも沢山の道場生が参加する。


飛行機の時間も早いので、塾長は主催者に挨拶を済ませて子供達を軽くウォーミングアップ。
早々に保護者の佐々木さんにリムジンバス乗り場まで送ってもらった。


試合はどう転ぶか分からないが、道場生達に良い結果をもたらすよう祈る。


goodluck!!


力の限り最後まで諦めず頑張れ!内田塾長崎支部の子供達!!

| | トラックバック (0)

200Kgとな?!

先月の26日に、息子のユウタが奥さんの千波ちゃんを連れて帰省した。
二人が籍を入れて初めての帰省だった。


今年の8月。
日本で開催される和道会世界大会出場を目指してのWKFルール稽古に加え、総合格闘技の稽古とウエイトトレーニングにも余念がないユウタ。


現在は、企業に入りながら大学院の博士課程後期へ進学もしている。


以前にもましてえらい身体になっていたので聞くと、ベンチプレスで現在200Kgをクリアしていると言っていた。


塾長の全盛期でも200Kgはクリア出来なかった。


息子に抜かれ寂しいような嬉しいような複雑な気持ち。


しかし、年齢を刻んでいる分言える事もある。
ユウタよ、30年後も父のように動ける身体を保っていられるか?!


そして、これから維持して進化をいつまで続けられるのか?


課題は山ほどある。


背負うものの重さにより身体も急激に成長していく。


これからの生き方で変わってくるぞ。


人より恵まれた身体と格闘技センス。


親に感謝しろよ(笑)

| | トラックバック (0)

文書

ブログのコメント欄を廃止してから2回、ふざけた文書が届いた。その1通は昨日。
内容は、幼稚すぎてはっきり言って笑った。
抜粋すると、SNSの件や家内とのマハラジャデートの件、塾長が高槻や長崎の飲み屋に出入りしているやら大胸筋が目立つ服装で格好つけているやら(笑)。
50才を過ぎてまだもてたいのか?芸能人との写メがうんぬん等々。
家内と二人で見て笑っていた。
この人からは嫌われていると(笑)


服装は特に薄着のこの季節。こんな体型なので仕方ありません(笑)
たまにですがどこの国の人と間違われてか、英語で話しかけられる事もある体型ですので(笑)


おそらく、過去のブログコメントの一人と同一人物。


見るからに内田塾の内部事情や塾長やその周りに対して興味津々、というより妬みに近い。


そりゃ、たまには飲みにも行くし息抜きもする。
塾長が通う飲み屋は、オーナーと知り合いの店限定。
本来は自分の甲斐性で行ってるのだから、他人さんにどうこう言われる筋合いではないのですが・・・


場所は内密だが、実は内田塾本部にはダミーを1つと本物の防犯カメラも設置している。(車に対するイタズラ防止用として)


警察へ行き不法侵入の被害届と共に、防犯カメラに写ってた人物写真と2通のふざけた文書も証拠として提出してきた。


設立26年目。数年に一度や二度、こんな訳の分からない輩が現れる。


犯人さん、あなたがどなたかは分かってますよ。
メールボックスに投函するところ、カメラにばっちり写っておりました。
もう、逃げれません。


正体を証さず卑怯な人物。
塾長がこの世の中で卑劣極まりない一番許せないと感じているタイプ。
次は盗人のように人のエリアに侵入せず、本人を目の前にして堂々と「私がやりましたすみませんでした」と謝りにきなさい。

では、早いうちにお待ちしています。

| | トラックバック (0)

今日から始動

ゴールデンウイークが終わり、今日から内田塾の稽古が始まる。


早速、主催大会のJAPANGAMEの準備にかかる。


トーナメント表を作成して、各役員の挨拶文をもらう。
体育館の打ち合わせと市長賞の依頼、昼食用の弁当の手配やトロフィーや参加賞の手配。


事務局と分担しながらの作業も始まる。


総本部を建て今年で丸12年。
稽古により穴ボコだらけになりテープで補強していた壁。
ゴールデンウイークの休みを利用して、補強材を入れて床と同色のマットを張った。


これで暫くは大丈夫(^-^)


壁半分がブルーカラーになったせいか、道場が今までより少し狭く感じる。


本日、芝生の高槻総合体育館で行う稽古ですが、前回もブログで掲載しました通り体育館が使用できません。
30分遅らせて午後5時より本部道場で行います。
その後、午後6時30分よりWKF選手クラスは通常どおり行います。


芝生の総合体育館に通われている道場生と保護者の皆様は、お間違いないようお願い致します。


関係者の皆さん、本日からまた頑張りましょう!!(^-^)

| | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »