« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

な〜んも期待してない

またまた総理大臣が代わった。今の政治家達、駄目やな、ありゃ。


震災の問題、国民の雇用、国の借金、基地の移転等々、海外から日本を見ての信用、・・・な〜んにも解決できてない・・・問題だらけ・・・

国民から税金を吸い上げるだけ吸い上げて。おまけに増税。自分達の給料はそのまま。打ち合わせや会議は料亭。アホか・・・国民の税金やぞ!お前らの給料。政治家見てたら一部を除いて、私利私欲の塊にしか見えないわ。


税金払って政治家に飯を食わしている(下品でごめんなさい)なんてバカみたいやね。


シンガポールにでも法人移して、これからあちらで税金払おうかな。


コロコロ総理が代わってまた一からやし、誰がやっても同じ・・・外交が益々拗れるね。そのうちって今すでに起こってるけど、海外の政府は日本を軽く見て、相手にしなくなってるよ・・


日本の国を責任ある立場でちゃんと見てくれる政治家は・・?


カラテの後輩でもある高槻の松浪ケンタ代議士!気合いを入れて頼みます!

| | トラックバック (0)

ナチュラルになった

減量を兼ねて、トレーニングの方法を変えて1年余り。


体型も心もナチュラルになった。


何より門下生であり、かわいい子供達の後押しがあった。子供達と言葉は交してないよ。塾長が勝手に思ってるだけ(笑)


そして国内と世界にいる門下生達のおかげ。


いつまでも動ける身体を維持する。

内田塾を設立した22年前に誓った事。まだ続けられてる。

もう一つ、最近、どんな小さな歳の門下生とも目線を合わせて話しが出来る(笑)って言うか自然と出来てる(笑)


やっぱりカラテの先生、天職なのかな?(笑)


1人で内田塾を引っ張ってるとずっと思ってたけど、知らぬ間にみんなに支えられてたんだね。


等身大で生きるって大事。幸せ者だね、塾長は。


何度も言っている。これからもみんなで成長しよう!

何事も一生懸命に。


一つ一つを丁寧に、そして確実に。

| | トラックバック (0)

昨日は・・・

良い結果で良かったな。


打ち上げでの野本のセコンドに付いた浦谷幸司、武司の発言。


セコンドが用意するバケツを忘れたと、区民センターのトイレの汚いバケツを借りて用意したとか、ラウンド間の休憩時に、ペットボトルの水でうがいをするのだけど、それが蒸留水でなく、水道水を入れてたり(笑)、マウスピースを外すのは汚いので嫌だったとか、もうメチャメチャ(笑)


野本、浦谷幸司、武司、3人の関係が昔からちっとも変わってない(笑)


野本曰く、「セコンド言うても、足を引っ張ってただけやんか〜!」(笑)3人の掛け合いを聞いて、おもいっきり笑った。


門下生が集まってくれたので、大盤振る舞いで打ち上げは焼き肉!後、英樹のバーで二次会。


勝利に沸いた内田塾ファミリー。


素手での顔面、金的、頭突きありの過酷なルール。顔面陥没や鼻の骨折が当たり前にあったけど、試合自体はルールが整備されていて、見やすい内容だった。


本部茶帯の安平君!、過去の酒の席での塾長発言が現実となり、悲惨な状況を目の当たりにしていたので、昇段審査を受けたら?の問いに対して頑なに拒んでましたね(笑)


飲んでても流されない姿勢は、ズッキー君と違いさすがです(笑)


これからもちょくちょく、塾長直々に昇段オファーかけます(笑)良い返事を待ってますよ(笑)


よかったな〜。野本、山下、お疲れ様。


応援に来てくれた門下生、関係者の皆さん、ありがとう!


次のイベントには安平、推薦するけど、どおや?!(笑)

| | トラックバック (0)

ワン・マッチ結果

ワン・マッチ結果
山下VS池野
3分3ラウンド判定ドロー


野本VS若林
3分3ラウンド 2ラウンドKO勝ち!セコンドの浦谷師範兄弟と。

| | トラックバック (0)

ワン・マッチ!

今日はこれから、野本、山下が出場するワン・マッチ・イベント、「達人」がある。会場の住吉区民センターへ向う道中。


おおよそ、「こんな試合展開になるだろうなぁと予想はつく」


楽勝はないけど、高度な技を習得してる弟子達なのでやってくれると信じてる。

塾長もこのイベントの特別顧問?として名を連ねてるらしい(笑)


結果はこのブログで速報します。


お楽しみに!

| | トラックバック (0)

大学合宿で保護者会?!

古い体質の全日本学生空手道連盟。大学の空手道部。

我々の時代は、親がクラブ活動に介入するとか、試合や稽古の応援に行くとか考えられなかった。そんな事があったら、「あいつの親、過保護かっ!」ってバカにしていたよ。


大学生にもなってるデカイ子供の後を親が付いて行くなんて、気持ち悪いもの(笑)

それが現在、入学式にも親が付いて行く。私は息子の入学式には当たり前に行かなかったから、後日監督に、これから色々な会がある時は出席するようにと注意された(苦笑)小学、中学、高校の延長で、幼い頃から習い事(カラテ)に親が送り迎えしてた世代の子達が、そのまま大学になってカラテをしていると云う現れやね。

保護者が大学の稽古を見に行ったり、合宿の打ち上げに行ったり、新入生の歓迎会に出席したり・・・皆さん本当にご熱心・・・


今日も合宿の中打ち上げがあると連絡が入り、近畿大学に来て保護者間の親睦会兼学生のご苦労さん?会に呼ばれた。

学生連盟OBの自分としては一々アホ臭い。が、保護者の皆さんで、学生の合宿中の食事を作って下さったり、身の回りの世話をしてくれてるのに頭が下がる。

今はこう云う環境で、みんな強くなっていくんだなぁ。

我々の時代の合宿とは、1・2回生は夜はヤキ(先輩から急に集合がかかり、延々と正座をさせられたところに殴る蹴るの暴行をされたり)(苦笑)を入れられ、3・4回生は師範やコーチ、OBに睨まれながら、朝〜夕方まで気が遠くなるぐらいの辛い稽古。睡眠時間も3〜4時間。逃げる事も出来ない山奥や海辺の田舎での稽古(苦笑)

当時は半分が根性、忍耐のための合宿だった。今はどの大学も合理的。試合に勝つための合宿。

時代は変わったなぁ・・・(笑)

| | トラックバック (0)

常に夢に向かう

突然ですが皆さん、常に夢はお持ちですか?私は高校生からカラテを始めたのは再三申してますが、その時はインターハイ出場を目指しました。
17才の春。


大学生になり、1・2回生は学連の関西、全日本の制覇が夢。

3・4回生は、それに加え全空連の全日本制覇。APUKOアジア・世界の制覇。

当時は、学生時代しか練習出来る時間が無いと焦っていた。今が一番稽古が出来る環境と言い聞かせていた。社会に出ると仕事を持つし、稽古を出来る環境が作れるか不安だったんだね。
だから、夢に向かい必死だったな。

今も夢はあるよ。何度も言ってる事。

今預かってる子供達、一般部の門下生達に、「内田塾でカラテをやって良かった!」と思ってもらえる環境を提供して、将来の心と身体の財産を作ってもらう事。

塾長自身は自分を信じ、世界に必要な通じる指導力と組織力を今以上につける努力を怠らない事。


身体能力を現役時と同じレベルに保ち、80才を迎える事(笑)
「にんにく卵黄」のCMに昔出てたおじいちゃんのように(笑)

この年齢になってもやらなければいけない事、夢が沢山あるね。

頭は低く、夢は高く高くさらに目指してより高く。

一杯努力して、各々の夢を掴もうよ!

| | トラックバック (0)

じゅんちゃん!セコンドとは?( 笑)

28日の野本、山下の試合は白熱するだろうね。


セコンドも野本の方は豪華絢爛!浦谷兄弟が付く。


山下の方も城野が付く。そして・・順一・・・

城野は顔面のキャリアも長くエキスパート。セコンドを安心して任せられる。

順一、顔面のキャリア無いのに大丈夫か?山下曰く、順一が、「山下さん、セコンド決まりましたか?」と聞いてきたらしい。

セコンドとは、選手が優位に立つように試合中にアドバイスするのが役目。山下が順一に「できるのか?」って尋ねたら、「頑張れ〜!効いてるよ〜ぐらいは言いますわ」だってさ・・・ハァ・・・

当日、近くで試合見たいだけちゃうか?(笑)

敦央も優しすぎ(笑)
ホンマ頼むで〜、順一。
当日、敦央の足を引っ張るのだけは勘弁やで。

内田塾の縦社会で、浦谷兄弟、城野のゴールデントリオがセコンドに付くと聞いたら、仮にセコンド依頼が来ても辞退するよ(笑)

白蓮の杉原館長の散髪事件(過去の塾長ブログ参照)もそうやけど、その大胆さを違う方向へ持って行ったら凄い男になるのになぁ・・・

ハァ・・・・一生直らんな、たぶん・・


まぁ、さておき、打ち上げはみんなで焼き肉でもいこうや!!

| | トラックバック (0)

炊事、洗濯の達人?!

洗濯と食器の洗い物、最近よくやってるなぁ(笑)


ほぼ毎日している。頼ると人は弱くなるけど、頼れないと強くなるね。まさかこんなにマメに何でもこなせるなんて思ってなかった。


白物や生地の弱い物は、ネットに入れたりして洗ってる(笑)


食器やコップは、プロ並みに早く上手く洗えるようになった(笑)


自身の体の事も考えて、たまに料理もする。野菜中心の食生活だけど、最近はまっているのは鳥料理。


胸肉を塩とコショウとレモンをバランスよくミックスして、オーブンレンジで約25分。我ながら良い出来ばえ(笑)
えらそーに言ってるけど、親に習いました(笑)


これはお金取れるぐらいの美味しさ(笑)


料理は、もう少し美味しい物を色々作れるようになりたい。

何事にもチャレンジ!(笑)

| | トラックバック (0)

ノルマ

ノルマ
昨日は午前、午後と別件で忙しくしてたので、2クラスの指導後の夜に自身のトレーニングをした。


軽めにするつもりが、スーパー選手の子供達が予想以上の頑張りを見せてくれたので、後押しされて塾長もノルマ以上をこなせた。


我ながら単純(笑)


毎日、こうやって知らず知らずエネルギーを子供達から貰ってるんだろうな。


今日も、各々の生活の一つ一つをこなして頑張ろう!

無理や背伸びはダメ。少しずつでいい。出来る事から確実に。

| | トラックバック (0)

内田塾の実力者達

8月28日(日)は野本師範と山下師範代が各々ワン・マッチに出場だね。セコンドには浦谷師範兄弟と城野師範代が付いてくれる。
すごく贅沢な組合せ。


ルールはグローブ、バンテージ無しの素手での顔面あり。普通のフルコンタクト・ルールに慣れてる選手がこのルールでやると危ないね。必ず流血して怪我をする。


野本も山下も顔面への意識は強いよ。先日は、大学の稽古がOFFだったので、ユウタを入れて顔面ありの稽古をさせた。現在の彼は、大学で顔面中心に稽古をしてるので、このルールに出る2人には良い感じの練習相手になったね。

ユウタも駆引きに若干の甘さはあるが、当たり強さだけ見れば、塾長の全盛期時に近付きつつある。前半は2人共、ユウタの突きのスピードに反応が遅れぎみだったけど、後半はしっかり見極めが出来てた。

顔面に飛んでくるスピードある突きを捌けると、試合に余裕が出来るからね。自分のペースに持って行きやすい。

さすが野本・山下と云う感じ。キャリアを感じさせてくれた。

久しぶりに試合出場する野本の稽古に取り組む姿勢もいい。まだまだ身体が動いてるし、稽古中は活き活きしてる。


2人に良い結果がでますように!と関係者の皆さん、応援よろしくお願いします!

| | トラックバック (0)

8月の長崎指導終了!

8月の長崎指導終了!
2日間に渡った長崎指導が無事に終わった。


昨日は本部同様、さそり蹴りを指導した。


みんなお世辞抜きに上手い!

白帯から黒帯まですぐに習得した。


これから得意技になるといいね!


伊折、岩丸両指導員もいつもご苦労様。
色々な負担をかけて申し訳ないね。


来月は子供達が成長出来る交流会にしような。
怪我のないように指導お願いします。

では、また来月!

| | トラックバック (0)

8月の長崎指導へ出発!

今日は、本部での1部・2部超満員指導をほとんどユウタに任せた。よ〜し!気合い入ってきた!(笑)

いきなりすぎるね(笑)

長崎指導は久しぶりな感じ。みんながどれだけ成長しているか楽しみ。


これから神戸空港へ行きます。揺れるスカイマークでいざ長崎へ(笑)

| | トラックバック (0)

どんなイメージ?!

ブログのコメントを頂いて読んだり、他の人と話したりで感じるんだけど、塾長とはこんな人だろうとイメージを持ってくれてる人と、自分自身が思ってる自分像とのギャップがすごい(笑)


塾長にも尊敬する親はいてるよ。でも、幼年期から忙しく仕事をしてくれてた関係で、ずっと明治生まれのお祖母ちゃんに育ててもらってた。


お祖母ちゃんの生き方や精神が染み付いて、物を買わない、物を大事にする、節約節制する、常に自分を見つめて反省する、決めた事はコツコツやり遂げる等の教育を知らず知らず受けてた。この歳になり特に思うよ。

うちのお祖母ちゃんは、本当にがばいばあちゃんのような人だった(笑)


教育してもらえた事、今になって感謝してます。


そんな環境で育った事もあり、日常生活も古風で地味なんです。


それが自分に合ってる生活。
たまに夜、幹部連中を連れて食事するため高槻を歩いてると、「塾長歩いてたで」なんて情報が入ったりして他から連絡がくるけど、足が付いてるんだし、そりゃ歩くでしょ!(笑)


背が高いから少し目立つのは分かりますが、本当は、お味噌汁とお新香が似合う塾長なんですよ。
イメージ、定着させて下さいね〜(笑)

| | トラックバック (0)

昨日のクラス

午後6時30分〜の選手クラス。
人数は少なかったがヤル気がみなぎってた!前半だけ(笑)

後半はみんなバテバテ(笑)この暑さだもん・・


ヤル気!みんなの気持ちは伝わってきたよ〜!


少しずつ身体を稽古に慣らしていこうね。


努力は必ず報われる。コツコツ努力した者が、人生を勝ち抜くように世の中は出来ている。


だから塾長も初心を忘れない。むか〜しから同じ事を繰り返し、どんな事があろうと怠らない。


これが出来る人間は強いよ。生き方において芯がぶれない。


恥ずかしいけど今尚、塾長も修行段階。これから先、どこまで現役時と同じトレーニングが出来るか?!そして、指導が出来るか?!自己との戦いの最中。


何事においても努力する力を身に付けれて、将来の自分の人生に役立てるようなカラテ修行になればいいね!

| | トラックバック (0)

本日より始動

いよいよ後半に突入。


これから先、予定がギッシリ(笑)


まずは自身の身体メンテナンスと称して、ウエイト・トレーニングで汗をかこう(笑)

今週は長崎指導も入ってるし気合いを入れないと!

塾長忙しさの為、代わりに九州大会の準備をしてくれている指導員の伊折や岩丸に申し訳ないよ。


本部は今日、選手クラスだね。参加するみんなは気合いだぞ〜!

| | トラックバック (0)

五山送り火

今日は午後8時〜、京都市内で大文字がある。

昔からある伝統行事、五山送り火。


この時期に関西にいる時は、なるべく時間を取り京都へ足を運び、送り火を観ながらご先祖様に感謝し、手を合わせている。

この行事が終わると秋の足跡が聞こえると言われてるが、京都は9月の中旬すぎまで暑い(笑)


今年も観光客で市内はすごい人だ。


そして、内田塾も明日から後半がスタートだね!

責任者として、門下生が日々内田カラテを通して成長出来るように、努力・精進致します。

再び、関係者の皆さんのご協力とご理解を宜しくお願い致します。

頑張るぞ!!

| | トラックバック (0)

現役時代を知ってる人達

最近だけど、若い保護者の方や周りの方々で、塾長の若い頃を知ってる人によく遭遇?する(笑)

先日も親戚がハワイへ旅行へ行き、現地の人とカラテの話しになり、従弟に内田順久がいてると云うので盛り上がったと連絡してきた(笑)(その方と面識はありません)
若い人達が塾長をリアルタイムで見てたなら、その時は小学生?はたまた中学生?


雑誌で読んだのかなぁ?


ビデオかDVD?

そんな人達に自分が覚えてないと言うか、忘れてる事を教えられたり(笑)

身近では保護者兼門下生のS氏。市会議員に平井君のお兄ちゃんが立候補した時に、裏方として頑張ってくれてた。

このS氏、オタクを通り越してる(笑)

塾長の現役時代を隣で見てたの?ってぐらいに知ってる。(笑)驚きです。今では、直接にイタズラ電話をかけるぐらいに仲良くなった(笑)呼び出しても必ず来てくれる(笑)

行き先も言ってないのに「わかりました!」って電話を切るS氏(笑)

なんでそんなに塾長の昔を知ってるのだろう?


不思議・・・・・???

| | トラックバック (0)

同級生との飲み会

同級生との飲み会
今日は夕方からサウナへ入り、夜から楽しみにしていた高校時代の同級生との飲み会に参加。


なかなか予定が合わなくて、約3年ぶりの再会。


懐かしくて話しが弾む。


昔、現在、近い未来?の話しで盛り上がる(笑)


みんな、今を真剣に生きてるって感じるね。ほんま、みんなオッサンになった(笑)


マッタリ・タイムはまだまだ続く。

オッサン同士のお付き合い(笑)

| | トラックバック (0)

内田塾の歴史

内田塾の歴史。

22年もやってると何層にもなった想い出と人がいる。
内田塾を創るきっかけとなった学生時代の修行期間。暑い時期も寒い時期も、共に辛い稽古をした福知山の足立師範や滋賀の石部師範、三重の関口師範。


創設当時から弟子の野本師範、森見初段。八木師範代、京都本部が出来た時からの弟子の増田二段その弟の彰初段、浦谷幸司師範、浦谷武司師範、城野亮師範代、大石師範代、桜本初段、住吉初段、長井師範、森下支部長、栗林二段、当時、40才で初段にチャレンジした佐々木初段、。新大阪に本部が移り初段を取った亀田兄弟、中島初段、真弓初段、千北初段。奈良支部の右田初段、滋賀支部の山崎初段。

その次の世代の山代指導員。今も現役で頑張ってくれている山下師範代。上野初段や肌野初段。大学同好会出身の佐藤初段、内田初段、満中初段、田中(仁)初段。女性では松田初段や森初段、武内初段、真部初段、中野初段。

そして、総本部を高槻に建ててから指導者となった息子のユウタ、西田初段、栄永初段、長崎の伊折指導員、岩丸指導員、滋賀彦根の遠藤指導員、笹月初段、中田指導員
田中(晃)初段、ホヤホヤの遠島初段。
海外の支部長や沢山の指導員達。(名前が洩れてたらごめんなさい)

これからも内田塾は、日本と世界で沢山のドラマがあるんだろうな。


組織の歴史は沢山の人達の集合体。人の体と同じで、良い人が入ってくる時もあれば、時に、悪い人も入って来る。体に悪影響を及ぼす前に治療するのと同じで、組織に悪影響があると判断した時は、悪い人には辞めてもらってきた。


おかげで、今はとても健善な内田塾になっている。
悪い人は1人もいない。

歴史があれば色々な良い事、悪い事件も起こる。


これから先も見極めながら最高責任者として、日本と世界を視野に入れ運営していきたい。

| | トラックバック (0)

人生の分岐点

簡単に言えば善し悪しは別として、生活環境が変わる事かな。

私の分岐点は高校一年の冬。

父と母に各々大変な出来事が起こり、家庭が暗くなった。

その時は独学で始めたカラテに、精神面での援護射撃を求めてたんだね。んっ?前にも言ったかな?


当時ドン底の我が家では、空手衣も買えなかった。上衣はもらい物。ズボンは裾を白い布で足して、母にミシンで縫ってもらってた。

毎日1人っきりの我流稽古を終えたらお祖母ちゃんのたらいを借りて、縫ってもらった箇所がほつれないように、大事に手洗いで洗濯した。


内田塾に入門してくれた人に、オリジナル・ブランドの空手衣をプレゼントするのは、塾長にそんな過去があったから。うちの道場の子供達は、空手衣を上下買ってもらえて幸せ者だよ。本当に親に感謝するんだよ。


家に大変な出来事があってから、親戚や知り合いが誰1人として近寄らなくなったな。


絶対に俺の力で世間を見返してやる!って思った。


ナショナル・チームに入って、初めて上下同じメーカーの空手衣を支給してもらった時は、胸の日の丸を見て、「こんな上等なの着て、罰が当たるんじゃないか」って思ったもの(笑)数年して世界を奪取した時は、逆に友人や親戚が増え過ぎた(笑)高校が同じだと言うだけで、話しをした事もない同級生やその友人までが訪ねて来てね(笑)
人って現金なものだなぁって(笑)

23才の時、当時の高槻市長の江村さんが音頭を取ってくれて、高槻で大々的に祝勝会を開いてくれてね。300名もの沢山の方々が来てくれた。過去の辛い出来事も、それで全て払拭できたよ。親孝行も出来た。もうこの世にいないけど、祝勝会での父親の嬉しそうな顔を昨夜の事のように想い出す。満足げで幸せそうな父親の顔を見れて、本当に良かったと思う。
人生の分岐点を善くするも悪くするも、心の在り方で決まるもの。


分岐点がきた!と思ったらよく考えて、人生が善くなるように頑張ろうよ!


志しを高く持ち努力すれば、人生必ず成せば成る!

| | トラックバック (0)

盆休み

内田塾は10日から16日までお休み。


指導がないのは、少し寂しいな。


塾長の会社の別件の仕事は年中無休(笑)


けど、今年からちゃんと休みを取る事に決めた!


働くのは嫌いじゃないけど、環境を変えて深呼吸するのも大事だと最近思うようになった。実質、年に5日ぐらいしか休まないって異常らしいね。ずっとだったから麻痺してた(笑)


夏と冬、最低約1週間〜の休みを取ろう。


今年の休みは、少しずらせて取る予定。今から楽しみ(笑)

| | トラックバック (0)

ご要望にお答えして( 笑)

公式戦じゃなかったけど、当時のKー1のトップファイターの佐竹さんやアンディー・フグさんとは手合わせしました。


確か、雑誌の格通の取材だったと記憶している。


仕掛け人は、当時の編集長で現FGE代表の谷川貞治さん(笑)谷川さんがベースボールマガジン社に入社してからの長い付き合いだったし、頼まれたら断れなかった(笑)


石井館長も芦原道場時代、大好きなお兄ちゃんみたいな存在だったしね。こんな表現、今の館長に失礼だよね。ごめんなさい。


1992・1993年当時は、よく館長に呼ばれて正道会館へ行ったなぁ。良い時代だった。懐かしい。

アンディさんはスイス出身だから、伝統派のスイスのチャンピオンのゴメス・ディビットさんと言う共通の知人もいて、スイスではゴメスさんと合同稽古をしていたらしく、かかと落としは彼から習ったって言ってた。そんなスイスでの修行の話しで盛り上がってたな。スパーもしたけど、食事したり飲んだり、プライベートでも楽しかった(笑)
スパーの内容はさすがKー1!お二人共にパワーがありましたよ。

テコンドー体験は、月刊空手道とフルコンタクト・カラテの編集部にいたキック経験者のしおちゃんが仕掛け人。当時のスパーはビデオにも残ってるんじゃないかな?


蹴り技が凄かった!友人の俳優、川崎麻世君と仲良くしている歌手のGacktさんが、現在プライベート・レッスンを受けてるのがそのテコンドーのチャンピオン。名前はファン・スイルさん。
この前に夜中に麻世君から連絡あって、そこに偶然いたGacktさんともファンさんとも話しをしましたよ。
高槻にも2人して来てほしいね。

昔すぎて忘れてる部分もあるけど、懐かしい想い出ですね(笑)

| | トラックバック (0)

黒帯

黒帯
内田塾を設立してからずっと使っている黒帯が、擦りきれてもう白帯(笑)

使用年数が20年以上だもん。当然か・・・・この帯を絞めて、現役最後の国際試合に出場し優勝した。内田塾を世間に広めるために、K―1やITFテコンドー等違うジャンルの選手達とも自ら戦った。引退試合でフランスの英雄、バルデー氏との戦いにも絞めてた。指導者としても沢山の人達を指導し、沢山の有段者を輩出してきた。

内田塾の歴史全てを知ってる黒帯。想い出がありすぎて・・・感極まってしまう。

これから先も大事にしたい。
そして、新たな帯を20年ぶりにオーダーした。

新しい黒帯ってこんなに黒く、刺繍がくっきり鮮明なんだ。
絞めるとゴワゴワしている(笑)


私にとって、人生でおそらく最後の黒帯。


指導者として、次の幕開けのような気がする。

| | トラックバック (0)

高槻祭り

昨日は地元のイベント、高槻祭りだった。


土・日と地方へ出張だったので知らなかった。


祭りは少し苦手・・・

人が多い空気が濁ってる場所では、気分が悪くなってしまう(笑)


出張から帰り、車から降りると、ミズキちゃんのご家族と会った。

ミズキちゃんが祭りのイベントでダンス・踊り?を披露したそうだ。
カラテとダンスで剛と柔。


ミズキちゃんのスパーリング時のあの柔らかさが納得できた(笑)


塾長も来年は、高槻祭りに顔を出してみよう。


そうだ!山下、浦谷、野本、石部と師範連中を従えて、屋台?でも出そうかな!?(笑)

皆さん、来てくれますか?

えっ?!怖すぎるって?(笑)

| | トラックバック (0)

後輩へのいたずら

学生時代はブイブイいわしてた(笑)


福知山の足立師範や滋賀の石部師範がその時代の被害者(笑)


OBになり、母校の試合の応援に行った時の事。

〇〇警察に勤めている後輩のM君に久しぶりに会った。

彼はバリバリの刑事になっていた。
耳にイヤホンをして、鋭い目をして近付いて来て、「押忍、先輩、ご無沙汰しております」と律儀な挨拶。


聞くと勤務中だと言う。

いつものように後輩への挨拶、胸パンチ!(笑)

コツン、と音がした。
触ると拳銃らしき物・・・

アメリカやハワイへ行くと射撃が好きでよくしている。子供の頃はモデル・ガンに夢中だった(笑)


日本の刑事が所有している拳銃をどうしても触ってみたい衝動にかられた(笑)

Mをトイレへ連れ込んだ(笑)
私「おい、M、ちょっとお願いがあるねん。」
M「押忍、先輩、お願いって何ですか?」
私、「お前、今、拳銃持ってるやろ?見せてーな。」
M「先輩、バカ言わんといて下さい!」
私「そんな勿体つけないで、ちょっとだけ、なっ!(笑)」
Mは拒み続けます。
私はだんだんイライラして来て、Mをボコッ!
拳銃を取り上げました。

リボルバーを回し引き金をカチッ。


Mは押忍の五段活用を駆使して、「押〜忍!先輩!弾が、弾が入ってます〜!」顔面蒼白で唇が紫色になってます。


後輩に対してヤンチャな私は、散々拳銃をいじくって、銃口をMに向けたりして、しばらくMの表情を見て楽しんでいましたが、すごい汗をかき焦っているMを見て可哀想になり返しました。
刑事をボコッて拳銃を取り上げる・・・(犯罪ですやん!)

と云うリアルな夢を見た塾長でしたとさ(笑)

| | トラックバック (0)

少年部昇段審査に思う

今日の稽古の終わりにも言ったけど、うちの少年部のレベルは天井を突いた感があるね。最強とかどこの団体にも負けないとかそんな次元じゃなく、そもそものフルコンタクト顔面なしの間合いの話し。8年前から少年部では、基本、移動基本、形、7人組手を完遂して黒帯を認許してきた。


内田塾は本来、顔面を叩く想定をしている超実践カラテ。

顔面を叩くと言うと野蛮だけど、カラテが実践と云うならば、想定は避けられない。これがまた新たな間合いを作り、子供達が覚える事により、組手の幅が広がる。
普段はフルコンタクト顔面なしでの稽古が主流だが、これからは緑帯以上の子達は、全空連カラテも経験しよう!本当の理想の昇段審査は、顔面も想定した形のものも入れる事。


子供だから一般部のようなグローブを入れた融合審査ではないにせよ、これからは、ポイント制を導入しての10人組手が理想だな。


必然的に昇段を控えた茶帯クラスは、顔面を意識した稽古も必要になって、幅が広がるよね。


これぞ「融合空手」!


当たりの強さとピンホールの狙いがあってこその内田塾。近い将来、審査基準の改正をして、少年部のレベルを今以上に上げるぞ。


どこの団体も真似ができるものではない。


世界を相手に戦い勝ち、フルコンタクトを極めた内田塾にしか出来ない指導を今以上に追求していく。

| | トラックバック (0)

眼科

定期検診のために、お世話になっている京都の眼科へ行って来た。


実は、7才を迎える年に瓶が爆発して、破片が右目に入り失明しかけた事があった。


緊急手術をして大変な目に合った。


その頃からお世話になっている。


8年前に再度手術をして、目には水晶体が入ったままだ。


手術後、紫外線や電球が眩しくて、特に夏場はサングラスが外せない。


また近いうちに眼球の表面を剥いで、新しい水晶体を入れ直す手術を受けなければならない。


少し恐怖(笑)

| | トラックバック (0)

調子に乗って

調子に乗って
調子に乗って
昨夜はよく眠れたおかげか、すこぶる気分が良く体調も良い。


こんな日は、一番温度の高い時を選んでウエイト・トレーニング(笑)。夏は発汗作用が活発になるため、血液の濃度が上がる。そのために血栓が出来やすくなり詰まりを起こし、脳梗塞や心肺停止状態になる事が多いと聞く。事実、一昨日にJ・リーガーが練習中に倒れて、現在も意識不明の重体になってる。
回復される事を願うよ(涙)

トレーニングの準備。血液の濃度を下げるため、水分を充分に補給してからストレッチ開始。
(トレーニング中・・・)
終わってフラフラ(笑)
結局、いつもの倍!2日間のメニューをこなしてしまいました(笑)


時間にして3時間強。


・・・
少し休憩しよう。

・・・・・(笑)


何でもやりすぎは良くないね。

ホドホドにすれば良かった・・・・・

でも、元気です!(笑)
もうすぐ24年ぶりに80㎏を切る。腰痛防止のバンドがオッサン(笑)

| | トラックバック (0)

一般部昇段審査

ブログで幾度も掲載したが、内田塾を創設した時に、立ち技の中でどんなジャンルにも対応できる組織にしたいとの思いで、「融合空手」を謳った。


昇段審査は、ミックス・ルールにして、初段ならば顔面ありグローブで3人、フルコンタクトの顔面なしで4人、ポイント制で3人の合計10人を相手にスパーリングをさせた。


これは22年間変わっていない。


発表当時、マスコミが日本で一番難しい昇段審査だと言っていた。


確かに意識が朦朧とする中、ルールが変化していき、間合いが全く違う中、対戦相手は全てが格上。勝てる訳がないところに10人。


あの百戦錬磨の浦谷武司師範でさえ、最初の昇段審査の10人組手では記憶が飛んだ。


二段挑戦者は20人とスパーリングをする。ポイント制で5人、グローブで5人、フルコンタクト顔面なしで10人の合計20人。


これを成し得た者は内田塾の22年の歴史の中で、野本正幸4段、浦谷幸司4段、浦谷武司4段、栗林義人2段、大石純也3段、城野亮3段、長井英樹3段、山下敦央2段の8名しかいない。


それだけ初段も難しいが、二段は別格!


内田塾は、これからの勇気ある二段の挑戦者を待っている。

| | トラックバック (0)

良い事をした日( 笑)

今日は公共料金の支払いや、給与の準備をするのに銀行を行ったり来たり(笑)


1ケ月で一番ウロウロする日かもしれない(笑)


銀行で順番待ちをしようとベンチに座りかけた時、下に落ちてる黒色のポーチを発見。


こんな場合、触って指紋でも付くと後々ややこしくなるケースもあると思い、そのまま職員の人に告げた。


しばらくすると、おばあちゃんが血相抱えてとんで来た。


ポーチの持ち主らしい。


職員の人に案内され、私の所まで来て深々とお礼。


余程大事な物が入ってたんだね。涙まで流されてた。

支払いも終わり銀行を出る時に、銀行の管理職の人にまで深々と頭を下げられた。


持ち主に涙まで流されて、奥から管理職の人まで出てきて頭下げられたら、「ポーチの中に何が入ってたんだろう・・・?」と思ってしまうよね?(笑)
そんな事を考えてしまうなんて嫌らしいかな?(笑)

少し良い事をした気分になった出来事でした(笑)

| | トラックバック (0)

全日本学生空手道連盟

かっこよく言えば原点かな(笑)

学生連盟は古い体質もあるけど、やっぱり自分にとっては原点。故郷だわ。


全空連主催の全日本選手権で3連覇した時も当然嬉しさはあったけど、学生連盟の全日本学生個人選手権は別格。3連覇した時は、空手の歴史を覆したみたいな想像以上の重みと嬉しさを感じた。


だって、全日本選手権は現役でいる以上、何度でもチャレンジできるでしょ。


全日本学生個人選手権は、大学の在学期間の4年間しかチャレンジできないし、空手界ではどの団体よりも歴史があるからね。


大学当時は、学生連盟の試合こそが空手だ!みたいな教育を受けていた。月曜日〜日曜日までの毎日が稽古(笑)多い時には、7〜8時間の稽古量だった。


あの環境が負けず嫌いを加速させ、さらに強固な内田順久を創った(笑)


今回の月刊空手道の掲載記事で忘れかけていたものを想い出し、これからまた新たな気持ちで指導出来そう。


自分自身に、若かかりし頃と同じ感覚の気合いが入りました。

| | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »