« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

夏の昇段級審査会

夏の昇段級審査会
高槻総本部で年に4回開催されている昇段級審査会。

今年で63回を迎える。


少年部で平井涼雲君。 一般部で遠島芳明君が昇段に挑戦!各々が基本、移動基本、形、少年部は7人組手、一般部は10人組手を完遂。見られた保護者の方々は一般部の昇段に驚かれた事でしょう。新しく有段者となった者は、黒帯を取れば取った者の責任も重くなる。


これからは、有段者としての自覚を持ち、リーダーシップを発揮してもらいたい。


保護者の皆さん、暑い中ご苦労様でした。そして、審査に参加された門下生の皆さん、指導員、師範代、師範の皆さん、そして昇段組手に携わった同士の皆さん、ありがとうございました!

涼雲君、遠島君、おめでとう!

写メは打ち上げ(笑)

| | トラックバック (0)

サソリ蹴り

少年部を設立して試合参戦の準備をしていた頃、WUKO(世界空手道連合)の世界大会出場時に使っていた蹴り技、「連蹴り」を子供達に教えた。当時、フルコンタクト・カラテの少年部には全般にそのような蹴り技を使う者はなく、対戦相手に面白いように決まっていた。


それが現在は浸透して、フルコンタクト・カラテの少年部の試合で各流派の選手達が使いだし、各々の大会会場で見られるようになった。


昨日は少年部をユウタが指導。現在の全空連や学生連盟で流行りの「サソリ蹴り」を子供達に教えた。蹴り技も我々の頃と比べて、明らかに進化している。


緑帯、茶帯の上級者は元より、白帯やオレンジ帯の初級の子供達も興味津々(笑)


内田塾少年部の子供達は、この新しい技を習得して、大会会場でまた旋風を巻き起こそう!

やはり、子供は天才!
内田塾に通ってる子供達が天才なのかなぁ?(笑)って、門下生を誉める塾長って、師匠バカですか?(笑)

身内贔屓ですみません(笑)

| | トラックバック (0)

関係各位

最近、事務局にお子さんの自主練習の話しを持ってきた保護者がいます。


練習するのは良い事ですが、周りの道場生に声掛けしての練習は慎んで頂きたい。


内田塾の有段者にでさえ、それはきつく忠告しています。


何故か?


自主練習中に怪我をされても、御自身のお子さんだけなら仕方ないで済みますが、我流で他のお子さんを指導して怪我をされたり、変な癖が付くと、内田塾門下生である以上、全ては塾長である私の責任となります。


内田塾の指導員試験をパスした指導員、支部長クラスでも、他のお子さんを交えての自主練をする時は、報告をさせ、指導方法も徹底させています。


自主練をダメだとは言いませんが、他を巻き込まず、御自身のお子さんとマンツーマンでやって下さい。


自主練に関しては、過去に忠告を聞かず、退会して頂いた経緯もあるためご注意下さい。

| | トラックバック (0)

月刊空手道

月刊空手道
月刊空手道
月刊空手道
月刊空手道
たぶん、日本で一番古い格闘技雑誌じゃないかな?


選手時代は、よく特集を組まれた。


20年ぐらい前までは、空手をやってる人は、この雑誌しかなかったから毎月必ず見ていたね。


格闘技バイブル(笑)


内田塾を設立した時も特集を組んでくれて、お世話になった。月並みだけど感謝。


昨日に発売された株式会社福昌堂の「月刊空手道」。全日本学生個人選手権大会の過去の記事が掲載されているのを発見!


26年以上前の試合だから忘れてたけど、内容を読み想い出した(笑)懐かしいよ。

全日本学生個人選手権大会に於て、史上初の3連覇を達成した時の若かりし頃の角刈り頭の写真(笑)当時、内田塾はこの世に存在してませんでした(笑)


当たり前か(笑)


少し恥ずかしいけど、よかったら書店で見て下さい〜(笑)

| | トラックバック (0)

内田塾の教育

内田塾は、フルコンタクト・カラテだけやってる団体と思われている人達が多いみたいだね(笑)


今もよく聞かれる(笑)もちろん、フルコンタクトに力を入れてるし、各々のフルコンタクトの大会では、門下生も活躍してくれてる。


そもそも内田塾を創設した理由は、立ち技の融合。ポイント制や顔面なし、ありに問わず、習得できる団体にしたかった。私が全空連出身と云うか、そこで世に出たため、敢えてジャンルの違うフルコンタクトで認められなければならなかったと云う経緯もあった。


だから、稽古自体はフルコンタクトをベースにしてますが、現在は、全空連、グローブカラテ、フルコンタクト等、様々なジャンルで活躍できる選手が育ってますよ。


ご理解して頂けましたか?

| | トラックバック (0)

お腹の脂肪

毎日足を上げ動いて指導している私でさえ、少し油断をするとお腹周りが気になります(笑)


それは腹筋1,000回をこなしても同じ。

腹筋をやる事により、筋肉自体は固く大きくなります。

が、脂肪はなくなりません。
脂肪をなくすには、体内に酸素を沢山入れて、全身の血液を潤滑に流す必要があります。

皆さんが聞かれた事のある、「有酸素運動」ですね。

ウオーキングやランニング、水泳等のトレーニングがそれです。


私は以前から肉離れを起こしやすいので、プールで歩きながら腰を捻ったり、大股で歩いたり、水の抵抗を最大に利用して行っています。時間は40分ぐらいでしょうか・・・これでお腹周りの脂肪が2㎏ほど落ちました。

中年男性のみなさん、「俺はもうええわ」なんて思ってませんか?

40代50代で、身体を動かす癖をつけましょう!

毎日5分ぐらいから始めれば苦になりませんよ。

早速始めて、カッコイイお父さんを目指して下さい。

| | トラックバック (0)

ナショナル・チームに思う事

ナショナル・チーム。

文字通り、日本の代表選手として日の丸を胸に、世界と戦うカラテ選手達。

私も過去に9年間在籍していた。
昨日の速報で、中国で開催されたアジア競技大会で男子日本選手が惨敗。

団体戦も落としたと聞いた。

私達の頃は、そこから更に広い太平洋地域も参加。

ニュージーランドやオーストラリアまでの選手達が出場していた。
アジアで勝てない者が世界で勝てるんだろうか?確かに体格差や体力差はある。

が、昔は、それを超越する稽古量とウエイト・トレーニングで、ガンガン前に出て気迫で勝っていた。

今のナショナル・チームに在籍している選手は、みんな蚊細い。重量級に限っては、ただ太ってるだけにしか見えない。

小さい頃からカラテを始めた選手が殆どで、外の世界を見ずに全空連カラテ一色で育ったためと、先生方も失礼ながら世界への克服方法を知らない。そんな環境で育ち世界へ出たので、応用が効かない。そりゃ、惨敗するわな。

今からでも遅くない。ナショナル・メンバーは、フルコンタクト・カラテやテコンドー、K―1を体験して、幅を広げるべきだね。必ず違う感覚が宿るし、試合中の当たりも強くなる。

海外の選手は、昔からみんな交流持って、そう云う事やってるよ。

今こそ、負けて目覚めろだね。日本がカラテで世界に負けてどうするの?!

ナショナル・チームOBとして、奮起を期待したい。

頑張れ!ジャパンカラテ・ナショナル・チーム。

| | トラックバック (0)

高槻へ帰ります

高槻へ帰ります
高槻へ帰ります
ユウタが佐賀で開催された九州大会で4連覇を達成して、意気揚々とのぞみで帰ってます。


開会式では昨年まで3連覇してたので、功績を称えて表彰されたそうです。


それにしても九州の日帰りはきつい(笑)


早くシャワー浴びてビール飲みたい!(笑)

| | トラックバック (0)

九州大会

九州大会
朝早くから佐賀に来ている。


(財)全日本空手道連盟主催の九州大会があるため。
この大会は各々の県連が、国体予選も兼ねてるらしい。

そして、ユウタの4連覇成るか?
彼の知名度と力は、まだ全国区ではない。未知数だが、学生生活ラストとなる来年には、チェコスロバキアで開催予定の世界大会日本代表権は、更に力を付けて是非奪ってほしい。

努力・努力・努力あるのみ。

雨が降っても矢が?来ても表情一つ変えず、ひたすら努力する選手だけが代表権を獲得し、さらに世界の誰よりも努力をして、人生の背負ってる重み、素質により、その時代に一握りの人間にだけ降り注がれる「世界一」の称号。


気合いだけで奪れるものではない。

運も天も全てを身に付けた者だけが奪れるタイトル。それが世界チャンピオン。


この地方大会がその礎になってくれればと願う。

PM2時15分。
内田雄大 全九州大会、4連覇達成。

| | トラックバック (0)

土曜日の総本部

今日の本部での稽古は、参加者37名+保護者の方々で3階の道場はビッシリ満員(笑)

審査前であるのも影響してるのかな?


どちらかと言えば、新しい子供達が気合い入ってたな。


明日は朝イチ、佐賀まで行くので早く休まないと。


これから、少しの間のサウナブレイク(笑)

| | トラックバック (0)

課外活動報告会

課外活動報告会
京都外大の非常勤講師に就任して14年。


毎年この時期に報告会議がある。


今日は京都のホテル・オークラで開催。会議ぐらい大学の会議室でやればと思ってるのは私だけかな?


だって、経費がもったいないじゃない?本当に・・・
大学だって運営が大変って聞いてるよ。


まっ、滞りなく噛まずに報告会議をしてきます(笑)


塾長の代わりに、北支部と本部の指導を頼むよ、順ちゃん!早く脇腹治してね。

| | トラックバック (0)

歯科口腔外科

カラテを始めてから、歯科へマメに通院している。


現役時は日本代表選手として、素手で顔を叩く国際大会の無差別級にエントリーさせられたりしたから、歯への負担も相当なものだった。


自分で言うのはおこがましいが、稽古の賜物でもあり、叩かれるのも嫌だったので、先に叩いて勝っていた(笑)お陰様で歯も飛ばされず、自前の歯で現在も生活出来ている。

今も1ケ月に一度は、必ず歯のケアをして万全を期している。噛み合わせが悪いと消化不良になったり、ゆくゆくは健康を害する事になるらしい。

カラテの先生をしている以上、一応に人に見られる仕事だし、欧州での指導では会話の中で、歯並びや色の白さにまで話しが飛ぶ時もある程、あちらの人は歯を大事にしている。

テクニックを教えに行くのに関係ないやん!と思っていたが、欧州の人達はモラルを大事にする人種。


オッサンになっても気を使う事が多い(笑)

| | トラックバック (0)

サラダ中心の食生活

減量を始めて1年と7ケ月。80㎏後半だった体重が80㎏を切るところまできた。


サラダを食べる時もドレッシングやマヨネーズをかけるのを止めて、塩にした。


炭水化物は朝、昼にしっかり摂る。


タンパク質は鶏、魚が中心。


ウエイト・トレーニングもやり方を若干アレンジ、変えた。


ここまできたら20代の現役時の体重、78㎏まで落としてみよう。


でも、体脂肪率を10%未満にすると、身体の免疫力が急激に落ちる事に気付いた。
風邪やインフルエンザにかかりやすく、治りにくい。

適度の皮下脂肪も必要(笑)

夏本番!健康的なスリム・ボディーを目指せ(笑)

| | トラックバック (0)

スーパー選手クラスT 君の気合い

塾長が今、期待をしている1人のT君。


ご両親の理解と応援もあり、優しく強く逞しく成長してくれている。


毎回の稽古でも、自身も力、気力、技が伸びているのが分かっているかのような充実したスパーリングをしている。


只、ハニカミ屋さんなのは入会時と同じで直ってない(笑)


7月は、審査前なので形を中心にやっている。T君、茶帯なので演じる形は平安の上級形になる。すると、少し自信がないのか目が泳ぐ(笑)

保護者の方や学年の下の子供達が見守る中、シーンと静まり返る道場で形を演じるT君。最後に発した決めの気合いが「ヘイ!」(笑)(笑)

緊張してたんだね〜(笑)
T君、内田塾は寿司屋じゃないからね〜(笑)


と、真面目なのにオチャメな処もあるT君でした(笑)


今の調子で頑張れば必ずチャンピオン奪取出来るから、これから更に仲間と共に気を引き締めて頑張ろう!

| | トラックバック (0)

故・石原裕次郎さん25 回忌

芸能人で唯一尊敬している故・石原裕次郎さんの25回忌が、命日の17日、神奈川県の総持寺で営まれた。


世代も違うし面識もない。
私が生まれる前、母の世代のトップアイドルが石原裕次郎さんだった。母は私を身ごもり、「どうか裕次郎のような足の長いハンサムな男の子が生まれますように」と祈ったらしい(笑)

生まれた後祈り事に、「頭のいい子が生まれますようにを付け忘れてたわ」 と言っていた(笑)

少し失礼だよね(笑)


私は、石原裕次郎さんの過去の映画は一度も観た事がない。スクリーンの中の石原裕次郎さんより、男としての組織の統括力、生き方に興味を持っていたからね。


これから先も自分らしさを忘れずに、塾長として男らしく生きていきたいと思う。

改めて、石原裕次郎さんの御冥福をお祈り申し上げます(合掌)

| | トラックバック (0)

よくやった!オチビチャン達!

内田塾のオチビチャン達、よくやったぞ!塾長は公務で行けなかったけど、遠藤指導員と保護者であり、道場生の清水さんから報告を受けました。


高橋道場主催
第一回不動心杯ジュニア新人空手道選手権大会
初心幼年の部3位、清水成起
初心小一の部3位、前川英一斗
初中級年長の部優勝、遠藤鳳楽


これからも親の言う事を聞いて頑張ろうね!


保護者の皆様も早朝よりお疲れ様でした!

| | トラックバック (0)

京都は祇園祭だった!

京都は祇園祭だった!
午前〜午後の指導が終わり別件で京都に来たら、祇園祭の宵山!


いやに道中、渋滞してると思った(笑)毎日忙しくしてるので、すっかり忘れていた。


「コンコン・チキチキ」この音を聞くと夏だね。


凄い人・人!せっかく来たので、少しだけ祭り気分になり楽しもう!(笑)


みなさんは、夏祭り好きですか?

| | トラックバック (0)

T師範のおかしな行動パート2

私の大学の恩師、T師範。
初めて海外試合に出た時に応援に来てくれた。

1984年、ハンガリーのブタペストで開催されたワールド・カップ。結果は準決勝で反則負け。3位。20才の時だった。


ハンガリーに到着したT師範。夜ご飯を一緒に食べようと誘って下さり、私達日本選手団が宿泊しているホテルのレストランで待ち合わせをした。


もう1人の京産大の先輩と私、そしてT師範。


3人共、英語は苦手(笑)料理のオーダーに困っていた。

T師範、師匠としてのプライドかウケを狙ってか、オーダー時、全く英語が出来ないので真顔でおもむろに席を立ち、「モー!コケコッコ〜!」と牛や鶏の物まねをやりだした(笑)

出てきたのがステーキの上に目玉焼きが乗ってる料理(笑)


それを見たT師範、ご満悦な顔で「やっぱり俺の英語力はすごいな!」だって・・

「英語なんかしゃべってないやん!」と思いつつ、押忍の五段活用で返事(笑)
オーダーの最中、周りのお客さんが奇妙な目で見てたの、全く気にしてなかったT師範でした(笑)


やれやれ・・・・

| | トラックバック (0)

一般部選手クラスY 君

幼稚園に行っていた5才の時から、内田塾奈良支部でカラテを始めたY君。


現在は中学生になり、総本部まで通っている。

お父様も内田塾の指導教育に理解を示して下さり、頭が下がる。


そんなY君、昨年のフロンティア・スピリット大会では念願の初優勝!今年のJAPAN GAMEでは準優勝とこの2年、すこぶる調子が良い。

日頃から山下師範代や一般部の道場生と稽古をしてるため、どんどん強くなってる。


最近では、高度な技の一つに数えられる飛び後ろ蹴りまでマスター。


昨日のスパーリング時にはなんと、胴廻し回転蹴りと云うこれまた高度な技にも挑戦した。


が、回転が足らず側頭部からマットに落下(笑)KO(笑)


相手に技をかける前に、自ら仕掛けた技で自身をKO。なかなか出来るものではない(笑)

立ち上がりフラフラしながら、何が起こったか判らない表情をしている(笑)

人生の大半をカラテに費やしてるのだから、何の技に対しても基本があるのは、Y君が誰より分かってるはず!

胴廻し回転蹴りも基本からマスターしようね。

それにしてもユウスケの自爆KOの時の表情、忘れられないわ(笑)


あっ!名前だしちゃった(笑)


ごめん!許してね(笑)
これからも頑張れ〜!未来のエース!

| | トラックバック (0)

新たな海外支部候補地

前々から連絡があったネパール人のカピル氏が本日、総本部に来た。

彼の話しでは、日本のカラテの先生と名乗る輩の中には、海外では通用しない偽者が本当に多いらしい。だから、道場長が過去に奪ったタイトルや指導実績をネパール本国で調べてから、うちに来たと言う。話しの内容は、ネパールで内田塾の支部を開きたいらしい。
こんな場合、よく相手やその国の組織を見て、吟味してから返事はしている。過去に、純粋に支部活動をしたいと言うより、冷やかしや自分の仕事に利用しようとする輩がいたからね。海外支部を創る場合、契約書も厳しいものにしている。

取り敢えず、国際本部長を認可しているスリランカ支部長のニッサンカ氏に連絡した。彼にネパールとコンタクトを取り、面接するよう指示をした。現在も数ヵ国から、支部開設や内田塾で習いたいとの要請がある。


体は一つしかないし、海外からの指導要請も多くなってきている。そろそろ海外向けの技術本でも執筆しようかな。


これからの国内外の指導のため、もっと自分自身の体をオーバーホールしないと・・・


古い車と一緒で、塾長の体もメンテナンスが大変(笑)

| | トラックバック (0)

阪急電車

京都のサウナへ行くぐらいしか乗らない阪急電車。


今日は、昼間に用事があり乗った。

性格からか、すぐに人間ウオッチをしてしまう(笑)


大きな声で話しをしている豹柄のシャツと、目が覚めるほどの真っ赤なシャツのおばちゃん。


隣の席が空いているのに、対面で座り話している。


内容がずっとスーパーマーケットの買い物の話し(笑)


声が大きすぎて車内中に響いている。


「恥ずかしくないのかなぁ」と見ていると、真っ赤なシャツのおばちゃんと目が合った(笑)

すかさず目を背けてしまったヘタレな塾長でした(笑)

| | トラックバック (0)

事務室のエアコンが壊れた!

よりによってこの暑い季節に、10年以上使っていた事務室のエアコンが故障!


全く動かなくなってしまった。


昼に事務仕事のために来てくれている女性スタッフの皆さん、暑くてすみません。
急遽、冷却送風機を買いましたので、新しいエアコンが来るまでそれで凌いで下さい。迷惑かけます。

| | トラックバック (0)

ベンツ300SL ガルウィング

ベンツ300SL<br />
 ガルウィング
これは、約50年前の車。日本に数台しかない超貴重品。ベンツ300SLガルウィング。


もちろん、私の車ではありません。


実は、密かに尊敬しています俳優の故、石原裕次郎さんの愛車なんです。


写真は数年前に、小樽の石原裕次郎記念館へ行った時のもの。

館内は撮影禁止なのですが、あまりの車の美しさに勝手に撮影をしてしまいました。ごめんなさい。
車に限らず良い物は、時代に関係なく輝き続けるんですね〜。

すごい!
ん〜、現在のスポーツ・カーと比べても見劣りしない。このスタイリング最高!(笑)

| | トラックバック (0)

最年長の道場生

まさに尊敬。

8日の金曜日、午後8時〜の一般部スパーリングクラスに、62才になる石井さんが初練習にみえた。
最初は指導するにも不安があった。始まると、すごい集中力で脱帽。強さに憧れるって、年齢に関係ないんだなぁ。

一般部のみなさん!これからは、40代・50代で「もう歳ですから」は通用しないよ〜(笑)


石井さんを見習い、後半期は気合いだ!!(笑)

| | トラックバック (0)

9時すぎからのプライベート・タイム

9時すぎからのプライベート・タイム
昨日、俳優の川崎麻世君から連絡があり、一緒に飲んだ。


先週にも、彼の芸能生活35周年を記念しての大阪での飲み会に誘われたが、長崎指導と重なり行けなかった。


それに、知らない人が多い所は苦手(笑)昨日は久々に長井師範の店前で3ショット!(笑)今日は昼から名古屋へ行ってきます

| | トラックバック (0)

T師範のおかしな行動

私の大学の恩師、T師範。
今は伝統派でトップの地位におられる。

このT師範に学生時代は、しこたましごかれた(笑)

2回生の夏合宿。安い民宿に泊まり、地獄のような8日間。


やっと練習が終わり、喉もカラカラ。お腹もペコペコ。


食事の準備が終わり、T師範を部屋へ呼びに行った。


安い民宿なのでハエや蚊が多い。T師範、食卓の所でハエが気になりだした。


食卓には夕食が並んでいる。

T師範、何も考えず、おもむろに食卓上のハエをめがけてキンチョールをシュー!


もう一発、おまけにシュー!シュー!


終わり一言、「さぁ、食べようか。」

・・・・・


食えるか!ジジイ!(怒!)

(笑)そんな天然なT師範の逸話も時々登場させます(笑)

御期待下さい。

| | トラックバック (0)

あっついぞ!

雨が降っても蒸し暑い。


晴れても湿度が高い。


日本は亜熱帯になっちゃったなぁ。

フィリピンやタイみたいな気候。

熱中症にならないために、大人も子供も水分補給をマメにしましょうね!

| | トラックバック (0)

ワン・マッチ

昨日の一般部選手クラスは、久々に野本君が参加。


皆さんご存じの内田塾主席師範。


そして、現在の内田塾実力NO.1の師範代・山下君とのスパーリング。

トップの愛弟子の稽古姿は、指導にも熱を入れてくれた。


実は来月の28日、理心塾さんが主催するイベントに、2人がワン・マッチで参戦する事が決定。


ルールは素手の顔面あり。


うちの得意とする処だ。
是非、勝利してほしい。


詳しい内容が分かれば、このブログでお知らせします。


野本師範にとっては久々の試合!勝利に向けて頑張れ、野本師範、山下師範代!!

| | トラックバック (0)

昇段の重みと成長

今月の31日に、63回目を迎える昇段級審査会が総本部に於てあります。


特に昇段審査を受けられた人はお分かりのように、少年部、一般部関係なく、プレッシャーを感じておられた事でしょう。


昇段は一つの区切りであり、集大成でもあります。各々が内田塾で修行された積み重ねにより、成し得る事が出来るもの。


言葉では表現できない、成し得た者のみが味わう事が出来る安堵感。


昇段に合格された者は、有段者としての誇りと自覚を持ち、さらに成長していかねばなりません。


云わば、継続して努力に努力を重ねる事こそが大事だと教えられるのが昇段なのです。


一般部の茶帯のみなさん、そして、少年部保護者のみなさん、ご自身のお子さんが、昇段はまだ早いなんて誰が決めてますか?

人生は、チャレンジ!!生きて行くのと同じく、停滞せずに1日も早く金すじ入りの黒帯を絞めて、さらに成長して下さい。させて下さい。


塾長はいつもそう願っています。

| | トラックバック (0)

愛と勇気と尊敬

愛と勇気と尊敬
約200年前に始まっていたハワイ王朝時代。

正装時には、頭や首に花や草を身に付ける風習があった。


現在でもフラダンスの時には、その時代の習わしで、プルメリアやマイレと云う草花を身に付けて踊っている。


ハワイではその昔、言葉が存在しなかった時代があった。だから、言葉の代わりの表現方法として、フラが使われてたらしい。それが現在もダンスとして存在している。


あの柔らかい動きの一つ一つに言葉の意味がある事を知り、興味を持った。

綺麗なお姉さんが踊っている事に興味を持った訳ではありません(笑)
ハワイでは多くの人が、年齢、性別に関係なくフラダンス教室に通っている。


その草花に込められた意味が「愛と勇気と尊敬」。


人に対して愛する気持ちと、逆境に対して自分自身を奮い立たせる勇気。そして、職業や人種を問わず、人を人として尊敬出来る姿勢を常に持っていたい。

| | トラックバック (0)

遺影とちゃうからね!?

長崎支部を本格的に指導して丸6年。


それまでは、年に1〜2回ぐらいしか長崎へ指導には行かなかった。


長崎支部は昔、常設道場もあり、数ヵ所の分支部もあった。


その道場の1つに、私の空手衣姿の写真が飾ってあった。本部道場にも掲げてある少し大きめの写真。


めったに行かない道場に大きな写真・・・


長崎支部の子供達は、道場に掲げてある私の写真を見ておそらく、自分達の家の仏壇上にあるご先祖様の写真と同じと思ってたんだね(笑)写真のサイズがサイズだけに、彼らの中では、私はこの世の中にいない人になってた(笑)


だから、私を見た瞬間の子供達の顔が忘れられない(笑)彼らに、「押忍!」と挨拶した。

子供達は一目散に逃げていき、道場の私の写真をチェック!まるで幽霊でも見たかのように顔を見合せて一言、九州弁で、「生きとるばい!」(爆笑)


インドやスリランカが今、内田カラテが盛んに広がりを見せているけど、死んだ人にならないように気をつけないといけませんね(笑)

| | トラックバック (0)

7月長崎指導終了

7月長崎指導終了
2日間に渡った長崎指導が終わった。いつも長崎中華街の隣、ワシントン・ホテルに宿泊する。中華街の夜のアーケード。綺麗なイルミネーション。


今回は長崎のお祭り、「くんち」が近いせいか、出席者は今ひとつ。


関西には、ない伝統行事。


指導を始めて6年。長崎の方々が、毎年この行事を大切にしているのが分かるようになった。


昨日の審査会も今日の朝からの指導も無事終了。


これから関西へ戻り、仕事だぁ。

| | トラックバック (0)

7月の長崎指導

7月の長崎指導
7月の長崎指導
今月の長崎指導は2日〜3日。神戸空港で搭乗手続き。しか〜し!また飛行機の出発時間が15分遅れるとの事。先月も遅れたけど、ほんまこのスカイマークって会社、大丈夫かいな?!
2日(土)、今日は審査会。

優秀な子供達が育ってきている長崎支部。

焦らずに、みんなの成長を楽しみに行ってきま〜す!

| | トラックバック (0)

選手クラスとスーパー選手クラス

この区分けができるまでは、選手クラスで精神力や技術を全て指導してきた。

が、次々とカラーベルトを巻き、選手クラスに入って来る子供達がいるために、上の子供達のレベルを上げる事ができないのに苦悩した。


新しく選手クラスに入って来る子供を急速に伸ばす必要があるために、上級の茶帯以上のクラスのレベルが停滞したのだ。

そこで更に上のクラスを作る事を決めた。


スーパー選手クラス。


文字通り何もかもがスーパー。ケタ違い!今一度の基本理念を説き、実践に役立つ稽古から始まる。


スパーリングも緩急を付け、5分のインターバルで数ラウンドさせる。


稽古中、バテた顔の者や弱音を吐く者もいない。選ばれた者しか参加が許されない内田塾の最高峰クラス。


だから各大会では彼らの努力が実り、上位を独占する。


そして彼らには、努力をしても更に上がいる事を教える。

人は生きて行く上で、常に努力し苦労しないといけないと云う事を説きながら成長させる。それがスーパー選手クラス。


人格完成に近付くための早道かもしれない。

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »